コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛【コスモ食品】の感想

コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛【コスモ食品】

スポンサーリンク

 

商品説明

フレーク状のカレー・ルー。8皿分(170g)入り。購入価格335円。

フレッシュな果実と野菜、20種類以上のスパイスを少量ずつじっくり丁寧に焼き上げた「直火焼製法」。隠し味にチャツネとヨーグルト。辛味目安は5段階の3。

開封後は冷蔵庫にて保存。早めに使用してくださいとのコト。

原材料

小麦粉、食用油脂(牛脂、豚脂、植物油脂)、カレー粉、果実・野菜(トマト、りんご、玉ねぎ、にんにく)、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、肉エキス(ポーク、チキン)、酵母エキス/カラメル色素。

アレルギー物質

小麦、乳成分、牛肉、豚肉、大豆、りんご、鶏肉。

栄養成分(1食21g当りの推定値)

エネルギー100キロカロリー、たんぱく質1.5g、脂質6.4g、炭水化物9.2g、食塩相当量1.8g。推定値。

作り方

準備する材料・・・肉300g、玉ねぎ中2個(400g)、人参中1本(200g)、サラダ油適量、水800ml(カップ4杯)、カレールー1袋。

  1. 鍋にサラダ油を熱し、ひと口大に切った肉、薄くスライスした人参をよく炒める。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、薄くスライスした玉ねぎをあめ色になるまでよく炒め、鍋に移す。
  3. 鍋に水投入。アクを取りながら中火で約20分煮込む。いったん火を止めルー投入。トロミがつくまで煮込む。

ワンポイント

実際にはスリーポイント。

  1. じゃがいもを加える場合は、一緒に煮込むと煮崩れするので別茹でにして加える。
  2. 玉ねぎはあめ色になるまで炒め、人参はバターで炒めると、さらに美味しく仕上がる。
  3. 仕上げに牛乳を加えるとよりマイルドになる。

コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛【コスモ食品】完成

食べてみた感想

煮詰めすぎたかも。

半分の量で作ったから水分の蒸発が早すぎた~。ほんの少し水を追加。だがこのトロミ。トロミはつきやすい。すでに2日めのカレー。

濃厚なコク。スパイシー。インドカレーみたいな感じ。それでいて甘みがある。

福神漬けのような爽やかな酸味も感じる。チャツネのおかげなのか?

めっちゃ美味しい!!

キーマカレー

残り半分のカレー・ルーでキーマカレーを作る。

公式サイトのレシピ「卵のっけキーマカレー」に挑戦。ただしゆで卵はなし。セロリもなし。米粉のカレー・ルーを使用するレシピだけど全然かまうもんか。

作り方

準備する材料・・・玉ねぎ1/4個、トマト1個、セロリ1/3本、ピーマン1個、にんにく1片、しょうが1片、合いびき肉150g、コスモ 直火焼 米粉のカレー・ルー60g、サラダ油適量、塩コショウ少々、ゆで卵1個、ゴハン適量。

セロリの代わりにナスを1本。角切り。オリーブオイルをかけてトースターで焼いておく。

カレー・ルーは半分だから85gあるけどモンダイないっしょ。入れちゃえ入れちゃえ。

  1. 玉ねぎ、セロリ、ピーマン、しょうが、にんにくはみじん切り。トマトはざく切り。
  2. フライパンを熱し、サラダ油をひき、にんにく、しょうが、玉ねぎ、セロリを中火で炒める。
  3. 合挽き肉を加えて炒め、塩こしょうをふる。
  4. トマトを加えて炒め、弱火で5〜6分煮る。
  5. ピーマンを加えて混ぜ、カレールーを加えてよく混ぜる。
  6. ゴハンを盛り付けカレーをのせる。あればゆで卵をトッピング。

コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛【コスモ食品】キーマカレー

う~ん。なんかイマイチな見た目。

このアト残ったカレーを火山の模型みたいに空高く積み上げました~。そして上から焼いておいたナスをパラパラたっぷりゴロゴロ。

カレーが多すぎると見た目が変かなと思ったんだけど、たっぷり積み上げた方がず~っとよかった~。タワー型のローストビーフ丼みたいな感じ~。写真のないのが残念~。

食べてみた感想

すっごく濃厚。キーマカレーと言うより普通のカレーっぽい。全く水を使わないのにオドロキ。もっとドライカレーっぽいかと思ったが、ねっとりルゥのトロミが絡みついている。

すっごくスパイシー。辛い。炒めたコトでスパイスや辛みが引き出された感じ。

とっても美味しい。でも濃厚すぎるかな。もっと野菜を増やしたらよかったかも。

まとめ。ってかほぼ「購入したワケ」を説明。

やはりコスモのカレーは美味しかった。絶妙な甘みと辛いスパイスの饗宴。キーマカレーより普通のカレーの方が美味しかった~。

「コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛」を購入したワケ。

ソレがレトルトカレーの「コスモ 直火焼き ビーフカレー 中辛」。

昔、「コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛」を使用していた時期があった。だが8皿分というのがネック。我が家にとっては8皿分もない。フツーの5皿分のルーより少し多めというダケ。

ちなみにフツーの5皿分は我が家にとって4皿分。つまり。すっごく中途半端な量だった。「コスモ 直火焼き カレー・ルー 中辛」はいつしか我が家から消えた。

そして2018年春。歴史が動く。レトルトカレーの「コスモ 直火焼き ビーフカレー 中辛」との出会い。

ウッソー。めっちゃ美味しいじゃん。こんなに美味しいレトルトカレー初めて~。

ビックリする程の玉ねぎの甘みとカレーのスパイシーさ。私が手作りしてたのと全然チガウ。どゆこと~?

ベースのルーは特製の直火焼。あめ色になるまで炒めた玉ねぎは国産。お鍋で煮込んだカレーに負けないコスモの本気レトルト(コスモ公式サイトの商品説明)。

違いはあめ色玉ねぎか・・・。一度冷凍してから炒めてるんだけど、どーしてもあめ色にならなかった~。せいぜいキツネ色。

手間ヒマかけて作ってレトルトに負けるなんて納得できない。リベンジだぁ~!!

んで購入に至る。

甘みも感じられたし、とっても美味しかった~。美味しかったケド・・・シクシク。やはりレトルトに負けた~。

実はやはりあめ色になってない。今までで一番あめ色に近いケドあめ色ではない。

・・・プロに挑戦してもしょーがないか。

手作りカレーはとっても美味しかった~。家庭の味もいいもんだよね~。オワリ。

スポンサーリンク