北海道産放牧豚ウインナー【ファーマーズファクトリー】の感想

9月 12, 2018

阪急オアシスにて購入。

スポンサーリンク

 

ファーマーズファクトリーとは?

所在地は北海道恵庭市。

食肉・スライス加工、ハム・ソーセージ加工、惣菜・冷凍食品製造。

生産、加工、販売を一貫して行う。鮮度を維持。

2012年北海道産の優良ブランドとして認定する「北のハイグレード食品」受賞。

オンラインストアもあり。

ハム、ベーコン、ソーセージの他にステーキ・しゃぶしゃぶ肉。ピザも販売。

ピザはクリスピーのようだ。札幌のイタリアン「テルツィーナ」の堀川シェフ監修。

放牧豚とは?

北海道の広い大地で放牧飼育。3つの約束を厳格に守っている。

  1. 飼料は「非遺伝子組み換え」を使用
  2. 365日放牧。一般豚より生育期間を延長
  3. 放牧後は抗生物質を一切不使用・・・病気などで抗生物質を使用すると「一般豚」に格下げ。

放牧後は予防薬やワクチンの投与も一切なし。

衛生面にもこだわる。

  1. オールイン・オールアウト方式。放牧豚を出荷後一定の空舎期間を設ける。豚舎を空にして徹底的に洗浄、消毒、乾燥。
  2. 豚舎にはおがくず、藁、もみ殻などを堆肥化させたバイオベッドが敷き詰められている。ふかふかベッドの上で放牧豚はストレスフリーの生活を送ってるらしい。

無添加

何も足さないというこだわり。

素材の味にこだわる。豚肉本来の美味しさにこだわる。使用しているのは豚肉、砂糖(和三盆糖)、食塩(海の精)、香辛料のみ。

保存料や化学調味料などの添加物不使用。

  1. 結着剤(リン酸塩Na)不使用
  2. 発色剤(亜硝酸Na)不使用
  3. 保存料(ソルビン酸K)不使用

北海道産放牧豚粗挽きウインナー

ファーマーズファクトリー北海道産放牧豚粗挽きウインナーパッケージ写真

4本(100g)入り。購入価格429円。

原材料・・・豚肉(北海道産)、豚脂(北海道産)、食塩、砂糖(和三盆糖)、香辛料。

加熱方法は2種類。

  • 湯煎調理・・・ナベでお湯を沸かし袋ごと湯煎。
  • 加熱調理・・・フライパン又はホットプレートなどで加熱。

湯煎のアト、フライパンで少し焼いた~。

パリッと音が弾ける~。ジューシー。脂身は少ないが噛みしめるとジューシーさが溢れる~。

コリコリとした粗挽き。粗挽きすぎず少しなめらかな感じもある。肉の旨味がギュッと凝縮。香辛料を効かしたガツンとくる味付け。

めっちゃ美味しい~。

北海道産放牧豚粗挽きウインナーファーマーズファクトリーの調理後

 

北海道産放牧豚ポークウインナー

北海道産放牧豚ポークウインナーパッケージ写真

4本(100g)入り。購入価格429円。

原材料・・・豚肉(北海道産)、豚脂(北海道産)、食塩、砂糖(和三盆糖)、香辛料。

加熱方法は「北海道産放牧豚粗挽きウインナー」と同じ。

湯煎調理~。

北海道産放牧豚ポークウインナーファーマーズファクトリーの調理後

湯煎は間違いなくパリッとする~。

ジューシー。脂身が少なく、くちの中でジューシーさが広がるのは「粗挽きウインナー」と同じ。

きめ細やかでなめらかな食感。

薄味かな?それともシンプルな味付けなのかな?

肉の旨味をすごく感じる。まさにポークの味。生々しいポーク感。

香辛料が少なく豚肉の味わいを前面に出してる感じ。「ポークウインナー」というネーミングはダテじゃない。

美味しい。

あまりにも豚肉。原始的というか「粗挽きウインナー」の方が食べやすいと思う。

北海道産放牧豚レモンハーブウインナー

ファーマーズファクトリー北海道産放牧豚レモンハーブウインナー

4本(100g)入り。購入価格429円。100g当り291キロカロリー。

原材料・・・豚肉(北海道産)、豚脂(北海道産)、食塩、レモン果汁、砂糖(和三盆糖)、香辛料。

加熱方法は「北海道産放牧豚粗挽きウインナー」と同じ。

バターで焼いた~。

ファーマーズファクトリー北海道産放牧豚レモンハーブウインナー皿盛り

1本が大きく大ボリューム。朝ゴハンに食べるには少し贅沢。

皮はパリッとしてない。

肉感が強く肉がギュッと詰まってる。肉の旨みをじゅうぶんに味わえるがアッサリとした味わい。シルクのようにきめ細やか。脂が少ないがしっとり。ジューシー。

レモンとハーブのほんのりとした香り。

とっても美味しい。

北海道産放牧豚行者にんにくウインナー

ファーマーズファクトリー北海道産放牧豚行者にんにくウインナー

4本(100g)入り。購入価格429円。100g当り281キロカロリー。

原材料・・・豚肉(北海道産)、豚脂(北海道産)、行者にんにく(北海道産)、食塩、砂糖(和三盆糖)、香辛料。

加熱方法は「北海道産放牧豚粗挽きウインナー」と同じ。

オリーブ油で焼いた~。

ファーマーズファクトリー北海道産放牧豚行者にんにくウインナー皿盛り

パリッとしてる~。中はなめらか。しっとり。ギュッと詰まった肉感。弾力があり弾けそう。

脂身は少なく赤身肉のよう。それでいて内側からジュワ~ッと脂が溢れ出してくる。しつこくなくスッキリとした味わい。とってもジューシーで柔らかい。

行者にんにくの風味がとても美味しい。コク深いが濃厚すぎない。ハーブらしいスッキリとした味わい。

肉の旨みと行者にんにくの旨みがダブルで迫ってくる~。

めっちゃ美味しい!!

感想

とっても美味しかった~。レモンハーブウインナーは苦手分野。でも美味しかった~。

驚いたのは脂分が少ないコト。脂分が少なくてもジューシーで柔らかい。赤身が濃く、適度な弾力の肉質、甘みのある脂を併せ持つのが放牧豚の特長。

脂分の少ない肉本来の美味しさはなめらかでシルクのような絹挽きが似合う。

完全無添加。北海道産豚肉。スーパーで買える。衝撃価格。

普段スーパーで買う無塩せきソーセージ(無添加ではないが発色剤は不使用)は100g入りで300円ぐらい。しかも外国産豚肉使用。

お得価格なのは間違いない。ただ同じ100g入りでも無塩せきソーセージは8本入り。4人分。「放牧豚ウインナー」は4本入り。ひとり1本は寂しいので2人分になってしまう。

あっという間になくなる。結局高くつく。でも阪急オアシスに行ったら必ず買う。

プレーンな味わいの「北海道産放牧豚粗挽きウインナー」と「北海道産放牧豚ポークウインナー」のレビューを追加。

やはりプレーンな味わいはシンプルで美味しい。

スポンサーリンク