サラダチキン(梅しそ)【伊藤ハム】の感想

サラダチキンの人気の理由がわからない。美味しいからなのか、ダイエット向きだからなのか、カンタンだからなのか?

サラダチキンみたいなのは2回ぐらい(別ブランド)食べたコトがある。蒸し鶏だったかな?たいして美味しいモンでもなかった~。基本的に冷たい食べ物はあまり好きじゃない。

だがサラダチキンの人気はとどまるところを知らないようだ。2012年に比べて約48倍市場規模が拡大しているらしい。

梅しそ味も気になるので買ってみた~。

サラダチキン(梅しそ)【伊藤ハム】

2018年2月20日発売。120g入り。希望小売価格302円。100g当り98キロカロリー。普通の鶏肉の色に見えるが発色剤(亜硝酸Na)使用。

サラダチキンシリーズは全6種類。他は「プレーン」、「ハーブ」、「スモーク」、「瀬戸内レモン」、「ゆず胡椒」。

他のラインナップも魅力的~。

サラダチキン(梅しそ)【伊藤ハム】皿盛り

梅としそがついてるのは表面だけ。裏側はなし。

むね肉。柔らかい。ジューシー。しっとり。舌の上で溶けてゆくような感じ。少しテリーヌっぽい食感。

思ったより梅しそ風味が強くない。ほんのりとした味わい。スッキリと爽やか

すっごく美味しい。

しっかりとした美味しいと感じる味付け。だが辛いと言うコトはない。

アッサリとしてるのに肉感たっぷり。肉の満足感とタンパク質補給の安心感。ヘルシーで人気なのもうなずける。

サンドイッチぐらいしか思い浮かばなかったが、ピラフ系、麺、サラダ、カレーと様々な料理にトッピングできるらしい。梅しそ風味はほんのり味なのでどんな料理にも合いそう。一気に夏らしい食欲のわく献立になると思う。

スポンサーリンク