新潟コシヒカリおにぎり黒毛和牛すき焼き【ローソン】の感想

ローソン黒毛和牛すき焼き

2017年11月7日発売。198円。235キロカロリー。

ローソン新潟コシヒカリおにぎり黒毛和牛すき焼き皿盛り

ローソン新潟コシヒカリおにぎり黒毛和牛すき焼き中身

久々の白ゴハンおにぎり。ツヤツヤと輝くような純白。漆黒の海苔。日本人の魂に訴えかけるルックス。

てっぺんからパックリ。

おにぎりと思えない程うす味。甘みのあるゴハンのひと粒ひと粒を味わえというコトか。サスガ新潟コシヒカリ。威厳がチガウ。オカズが欲しいぞ。

やっとこすき焼きゾーン。

味付けは甘めの牛しぐれ煮みたい。牛肉は多くはない。ただ濃厚。コクと旨みをたっぷり閉じ込めてる。油っぽいが美味しい。

おにぎりからコクのある肉汁ジュワ~~ッ。ハンバーグかよッ。

アッサリした真っ白なおにぎりから肉汁。衝撃映像です。

最後に残った白おにぎり。打って変わって塩味が効いてる。美味しい。おにぎりの底に塩をまぶしていた?

あ、コレが振り塩製法ってヤツか。

美味しいなこの塩。

シンプルな白おにぎりに塩が際立つ。瀬戸備前のにがり塩。

最後にサッパリとした後味が残る。すごい。

10月31日から新おにぎり屋開店。

素材の厳選とともに一番の革新ポイントは製法を「塩炊き」から「振り塩」へ。

おにぎりの塩の入れ方は「塩炊き」「塩混ぜ」「振り塩」の3種類。昔の親世代は「振り塩」。

今は「塩混ぜ」が一般的じゃなかろーか?

ラップで包むので「振り塩」はムリだし。キッチリ軽量した方が安心を感じる世代。

ファミマは4年程前一足お先に「塩炊き」から「振り塩」へ変更。コンビニ業界では振り塩信仰が常識なのかな?

フジテレビ商品研究所調べのまとめによると。「振り塩」が一番塩味を強く感じ、「塩混ぜ」が一番甘みを感じる(直接舌に触れる量が少ないため)人が多い。そして「塩炊き」が一番人気だそう。

ただ「振り塩」人気もあなどれない。結局塩味をつけすぎなければどの製法でもオッケーというグダグダな結論で終わってる。

人の味覚はそれぞれだよね~。

トコロで新おにぎり屋。焼さけハラミ168円だったのが198円か。コレも198円。新おにぎり屋のおにぎりが食べられたのは吉なのか?

スポンサーリンク