ガツン、と みかん(棒)【赤城乳業】の感想

ガツン、と みかん(棒)【赤城乳業】

スポンサーリンク

 

20周年

みかんから始まった「ガツン、と」シリーズは、今年で20周年。CMや商品開発マンガ、キャンペーンなど盛りだくさんにマルチに展開中。

キャッチコピーは「売れてないのに20周年」。自虐ネタ満載。

「売れなくてゴメンナサイ。」ってか?太宰治の生まれ変わり?

「ガツン、とみかん」ちゃんが涙ながらに訴えるヒストリーは涙なくしては見れません。ハンカチをご用意。全日本が泣いた~。

マンガは公式サイト及び公式ツイッターで閲覧可能。

「ガツン、と」シリーズ

20年はやはり長かった。

オギャーと生まれた子供が成人になるまでの間たくさんの「ガツン、と」ちゃんが生まれては消えていった。

「もも」、「グレープフルーツ」、「みかんホワイト」、そしてカップタイプなど。

10周年の前年の冬に販売した「みかんでシャーベット」はひとつの転機となったようだ。

みかん果汁&果肉が20%から30%にアップ。

そして「ガツン、と濃い」シリーズ。果汁&果肉80%や100%を達成。

2016年「ガツン、とみかん」リニューアル。みかん果汁&果肉を40%にアップとともにカタチも三角に変更。食べやすくなる。

そして今。20周年。20年の人生お疲れさま~。

ちなみにマルチパックは果汁&果肉30%。

「ガツン、と」シリーズの情報等は公式サイトより引用&抜粋。

ガツン、とみかん|赤城乳業株式会社

アイス総選挙2018

テレビ朝日にて放送。国民1万人が投票。参加企業が見守るなかベスト30を発表。

ベスト30にランクインできず泣く企業あれば1位を逃し泣く企業あり。闘志むき出しの企業など悲喜こもごも。数々のドラマが生まれた~。

30位から順次発表されてゆく。緊張がみなぎるなかフタバ食品社長が「赤城乳業にだけは負けたくない。」と宣言。

熱意や意気込みが伝わってくる~。みんなガンバレ~。

「ガツン、とみかん」は30位にランクイン、おめでとー!!

ちなみにフタバ食品は23位「サクレレモン」でランクイン。【赤城乳業】はスーパースター「ガリガリ君ソーダ」が6位。

商品説明

85ml。希望小売価格140円。

氷菓(乳固形分はほとんどない。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷など)。

みかんの果肉と果汁を入れたアイスキャンディー。国産みかんストレート果汁使用(みかん果汁のうち15%)。

原材料

みかんシラップづけ、みかん果汁、異性化液糖、砂糖、果糖、食塩、リキュール/酸味料、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(カロチノイド、カラメル)。

栄養成分表示

エネルギー75キロカロリー、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物19.6g、食塩相当量0.03g。表示値は目安。

ガツン、と みかん(棒)【赤城乳業】皿盛り

ガツン、と みかん(棒)【赤城乳業】横

中のみかんが透けて見える~。レントゲン写真~。

ガツン、と みかん(棒)【赤城乳業】中身

食べてみた感想

スッパー!!爽やかな酸味~。澄み切った青空にみかんのシャワーが弾ける~。

甘い。すっごくジューシー。

暑すぎて溶けてるのかなぁ?表面に水分がしっとり。濃いみかん色。絶妙な溶け加減。

柔らかい。サクサク、シャリシャリ。ふわふわのカキ氷みたい。

みかんジュースそのままの味わい。中にたっぷりとみかんの果肉。

昔ハマったつぶつぶみかんを思い出す。みかんのつぶつぶよりもっと大きめの感じをまるごと楽しめる感じ。

とっても美味しい。サッパリ爽やか。体の奥からシャワーを浴びたように涼しくなる~。

スポンサーリンク