ラーマ オリーブ&バターの風味【Jーオイルミルズ】の感想

ラーマ オリーブ&バターの風味【Jーオイルミルズ】

スポンサーリンク

 

トランス脂肪酸についての取り組み

トランス脂肪酸

悪玉コレステロール(LDL コレステロール)を増加させ、善玉コレステロール(HDL コレステロール)を減少させる働きがあると言われる。

よって動脈硬化などによる虚血性心疾患のリスクを高める可能性がある。

世界保健機関(WHO)はトランス脂肪酸の摂取を総エネルギー比1%未満に抑えるよう提示。

日本人の値は0.3%。「通常の食生活においてトランス脂肪酸の摂取量は問題のないレベル。健康への影響は少ない。」というのが内閣府食品安全委員会の報告。

【Jーオイルミルズ】の取り組み

より一層の安心の実現のためトランス脂肪酸の低減に継続的に取り組んでいる。

トランス脂肪酸は天然に存在(バターなど)する他、油脂の加工(部分水素添加)や精製でできる。

2016年3月から家庭用マーガリン類に部分水素添加油脂は不使用(「バター好きのためのマーガリン」を除く)。

2018年4月以降製造分より「バター好きのためのマーガリン」も部分水素添加油脂を使用しないモノに変更。

今後も引き続きトランス脂肪酸の低減に取り組んでゆくそうだ。

「ラーマ オリーブ&バターの風味」の10g(1食当りと推定)当りのトランス脂肪酸は0.1g。他のラーマ製品もほぼ同じ。

トランス脂肪酸の情報及び取り組みについては公式サイトより引用&抜粋。ラーマ製品のトランス脂肪酸含有量の表も掲載。

トランス脂肪酸の当社取組み | J-オイルミルズ

商品説明

ラーマ オリーブ&バターの風味【Jーオイルミルズ】容器の写真

2018年3月1日発売。140g入り。購入価格213円。

オリーブオイルとバターの風味が楽しめるファットスプレッド(油脂含有率73%)。オリーブオイル30%使用(原料油脂中)。バターは含まず。

マーガリン類はマーガリンとファットスプレッドに分けられる。油脂含有率が80%以上がマーガリン。80%未満がファットスプレッド。

ラーマ オリーブ&バターの風味【Jーオイルミルズ】中身はこんな感じ

食べてみた感想

わりと固め。

一般のマーガリン(他メーカー)と比べると固め。バターより柔らかい。

カンタンにバターナイフで削り取れる。塗るのもカンタン。溶けるのも一般のマーガリンに比べると遅い。夏でも「溶けちゃう~。」とアセる必要なし。

うわ~。本当にオリーブオイルの香りがする~。フルーティでフレッシュな若葉のよう。

風味がうすく上品な味。アッサリとした味。「バターに似てるかな?」と最初感じた~。

だが毎日食べてゆくと「やっぱ植物油脂の味だ~。」という感じもする。オリーブオイルの香りも感じなくなってきたような気もする。

料理には普通に使える。

シンプルでアッサリ。感じようによってバターにも植物油脂にも感じる。キモチ次第。深く考えないとバターに近いと思う。美味しい。

原材料

食用植物油脂、食用精製加工油脂、食塩、脱脂粉乳(乳成分を含む)/香料、乳化剤(大豆由来)、着色料(カロテン)。

栄養成分表示(100g当り)

エネルギー656キロカロリー、たんぱく質0.2g、脂質72.8g、炭水化物0g、食塩相当量1.4g。

まとめ

待ってました~。オリーブオイル入りファットスプレッド。30%も入ってるとは太っ腹~。

健康志向なのか「追いオリーブオイル」の影響なのかオリーブオイルの人気は絶大。

さるホテルのランチ。デッカイお皿に雀の涙のような料理。リーズナブルなお値段だからしゃーないわな。

でた~。オリーブオイル~。女性への媚がスゴすぎる~。

ホテルの上品なランチならパンにオリーブオイルもいいけれど。ウチじゃぁ物足りない。そんな不満を一気に解決。

フルーティなオリーブオイルの香りとマーガリンのクリーミィな美味しさ。ぷらすバターの風味。オマケに健康的(トランス脂肪酸の低減とオリーブオイルのオレイン酸)。

いーじゃん。

スポンサーリンク