たべるシールド乳酸菌タブレット(ヨーグルト風味)【森永】の感想

1月 17, 2018

2018年1月初めてシールド乳酸菌を知る。ず~~~っと前から大人気らしい。どーしていつも遅れをとるのか? ため息ついてるヒマはない。遅れを取り戻せ~。健康に遅すぎはない。

スポンサーリンク

 

シールド乳酸菌とは?

シールド(盾)のように外敵から体を防御するヒト由来の乳酸菌。森永乳業が発見。

シールド乳酸菌の特長

  • 少ない数で効果を発揮・・・何千億何兆個の競争を繰り広げてきた乳酸菌の数。シールド乳酸菌は100億個で効果を発揮。
  • 死菌・・・・・・・・・・・生菌と呼ばれる生きた乳酸菌は熱に弱い。シールド乳酸菌は死菌なので加工食品への応用が容易。

シールド乳酸菌の効果

病原菌やウイルスから体を守る免疫細胞のうち約60%が腸の中に存在。腸内の免疫細胞を活性化させ免疫力を高める働きを持つ。

インフルエンザの感染を予防する働き、インフルエンザワクチンの効果を高める働き、インフルエンザ症状の軽減、ウイルス増殖の抑制などが報告されている。

もともと「たべるマスク シールド乳酸菌タブレット(ヨーグルト風味)」として2016年9月に発売。2017年10月3日ネーミングをリニューアルして新発売。

森永乳業のサイトではインフルエンザ関係ばかりがアピール。免疫力をアップするのなら様々な病気のリスクを低下させるというコトになるがどうなんだろう?インフルエンザ以外に効く具体的な病名の明記はない。

ただし期待はマックスに膨れ上がる。免疫機能を活性化させた菌が整腸効果に寄与している可能性という前向きな報告もある(日付が不明)。

たべるシールド乳酸菌タブレット(ヨーグルト風味)

森永たべるシールド乳酸菌ヨーグルト風味

2017年10月3日発売。リニューアル。スーパー店頭価格170円。個包装。標準21粒33g)入り。1粒(標準1.6g)当り6キロカロリー。

3粒でシールド乳酸菌100億個含む。ビタミンC入り。風邪予防の効果を更に後押し。

乳製品不使用。アレルギー物質(27品目中)不使用で安心。

森永たべるシールド乳酸菌ヨーグルト風味個包装

ワーイ。22粒入ってた~。

1日3粒で効果を発揮。いつ食べてもよいが3粒というのは食後を連想。計画的に忘れず摂取できるという配慮だろう。朝に3粒出しておけば食べ忘れや食べ過ぎも防げる。

摂取の仕方も明記なし。舐めても噛み砕いてもオッケーってコトだろう。飴をスグ噛み砕いちゃう人もいるので安心。

食べてみた感想

・・・・・・・・・・・。

甘い。人工甘味料のキモチワルイ甘ったるさ。なんでこんなに甘くする必要あるんだろ?

ヨーグルトの香料はまだいい。

重曹もキモチワルイ。ラムネや炭酸飲料のような爽やかさではない。入れ歯洗浄のCMや排水管洗浄を思い浮かべてしまう。口の中を強制洗浄されてる感じ。

こ、これは罰ゲームっぽいぞ。

5パックも買っちゃった~。え~~ん。完全に勇み足~。

家族は昔似たような味の乳酸菌の駄菓子があったと主張。好みは分かれるのかもしれない。

次の日。

もう慣れた。事務的に薬のように食べればヘーキヘーキ。「お子様やご高齢の方はのどに詰まらせないようにご注意」。飲み込むのはやめた方がいい。

・・・たった2日でおナカの調子がほんのチョッピリ改善されたような気がする。今後に期待が先走る。

今日も今日とていつものガリガリ・・・。ぎゃぁぁぁ。カケラがノドに突き刺さった~。ごめんなさい。噛み砕くのはオススメできません。ゼッタイ舐めるべき。少なくともしばらくは舐めるべきと思います。お気をつけて。

まとめ

年をとると健康グッズにはスグに飛びついてしまう。免疫力アップと聞けばなおさら。

死菌であるシールド乳酸菌は加工食品への応用が容易。永谷園のインスタント味噌汁やヤマザキのダブルソフト全粒粉。牛丼の吉野家も2016年1月とん汁とけんちん汁にシールド乳酸菌100億個加えてリニューアル。

導入企業は100社を超える。加工食品は美味しく摂取できるだろうが価格がネック。森永の「たべるシールド乳酸菌チョコレート」もあるがシールド乳酸菌100億個摂取するには1日1袋(50g)食べなきゃいけない。あまり現実的じゃない。

毎日摂取となればやはりタブレットがカンタン。ポータブルで保存も効く。価格も1日30円弱といったトコロ。持続可能が大切。免疫力アップは1日で成らず。

スポンサーリンク