神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】再訪の感想

9月 28, 2018

2度めの来訪。前回は夕方の訪問。パンの種類が少なくリベンジを誓う。ようやく実現。

だが初回に食べたキッシュやアンブールは看板商品。ラッキーだったようだ。【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】初訪問の記事はコチラ。

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】の感想

スポンサーリンク

 

店情報

  • 兵庫県神戸市中央区栄町通4-3-12
  • 078-341-2018
  • JR・阪神元町駅西口から徒歩約7分。あるいは地下鉄海岸線みなと元町駅2番出口から北に進みすぐ。
  • 営業時間10:00~20:00
  • 定休日・・・水曜日、木曜日

阪急を利用。阪急花隈駅東出口より南へ。元町商店街のひとつ南の道路沿い。東へテクテク。程なく到着。

大きな木のドアに威圧感を感じ入りにくかった初回。今回は自分の家のように躊躇なく入る~。

店内の様子

平日の11時半すぎ。客は空っぽ。パンも・・・少ない。前回と同じ~。

デンジャラスな暑さなので狙い目かもと思ったのに~。神戸のパン愛舐めてたわ~。

仕方ない。

食パンが見当たらない。お店の人に声を掛ける。焼き上がりは午後らしい。金曜日(訪問日)だけ朝は焼いてないらしい。

なんてこったい。バッドタイミング~。

だが予約をススメられた~。予約しなきゃ買えないのかもしれない。だったらいつ行っても同じ~。もういいや。

レーズンブレッドはあった~。だがデニッシュ系だそうだ。

キッシュロレーヌはたっぷりと在庫。激ウマなのはわかっているが前回購入したので今回はパス。

サンド1個、惣菜系1個、スイーツ系1個、プチケーキ1個をチョイス。

サンドもたくさん在庫。惣菜系は躊躇なくクロックムッシュ。前回気になってたプチケーキ。ブラウニーもあったがクイニーアマンに決定。こんなカワイイクイニーアマンは初めて。

チキンサンド

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】チキンサンド

多分310円。

薄くカットしたフランパンでチキンとトマトをサンド

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】チキンサンドを横から見た図

手作りソーセージっぽいチキン。細かく裂いてある。油分は少ない。パサッとしてるがドレッシングでジューシー。バジルのスパイスが程よく効いている。

トマトはちっちゃい。水っぽくなく濃い味。フルーティで美味しい。

フランスパンはモッチリ。ギッシリとした生地。固い。噛みごたえがある。全粒粉か何かが入ってるのかな?固すぎるような気がする。

クロックムッシュ

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】クロックムッシュを上から見た図

240円か250円。

フランスパンでハムとチーズを挟んだクロックムッシュ。トッピングにもチーズ。

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】を横から見た図

フランスパンはギッシリとした生地。やはり固い。噛みごたえがある。モッチリ。サンドのフランスパンと同じかなぁ?

大きなハム。とても柔らかい。肉の旨みも風味もある。スパイシー。ポークパストラミっぽい感じ。塩味が効いている。すっごく美味しい。

チーズは挟んだのもトッピングのも同じみたい。ブクブクとした泡立ち。気泡ができてる。チーズ特有の風味やクセが少ない。食べやすい。

シンプル。

クイニーアマン

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】クイニーアマンを上から見た図

お店に並んでいた状態がコレ。

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】クイニーアマンをひっくり返すとこんな感じ

ひっくり返すとこんな感じ。アメ状のキャラメリゼがお皿にくっついてしまう。

どっちが上というよりくっつかないように置いていたようだ。

130円。

ミニミニサイズ。ガリバー旅行記のリリパット国のお菓子みたい。

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】横から見た図

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】クイニーアマンをカットした断面図はこんな感じ

小さすぎる。

アメは厚みがある。固すぎない。サクサク。パリパリ。メリメリ。カンタンに割れる感じ。絶妙な食感。

アメの下の部分はビスケット?

全然チガウ~。サクサク。目の粗い生地。パサパサ。パンだな。昔パンのミミを揚げたお菓子があったケド。そんな感じ。パンを水分が全てなくなるまで揚げた感じ。ラスクやん。

いや食パンや普通のパンの生地じゃない感じ。このスカスカ具合はフランスパン生地じゃないかな?

キャラメルバナーヌ

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】キャラメルバナーヌを上から見た図

240円か250円。

バナナと塩キャラメルをのせたデニッシュ。

お店に並んでたスイーツ系はほぼデニッシュかクロワッサン。

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】キャラメルバナーヌを横から見た図

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】キャラメルバナーヌの中身はこんな感じ

デニッシュはサックサク~。上から横から全ての表面がサクサクのパリパリ。中はしっとり。油脂を含んでいる。程よくしつこくない。

バナナはドーンと2切れ。丸ごとを横にスライス。トロトロ。柔らかく甘い。

塩キャラメルはとろりとして濃厚。ほろ苦い。少しゼリーっぽいソース。プリンのカラメルソースだぁ~。塩がドキッとする程強い。甘いバナナとのバランスはいい。夏っぽい爽やかさも感じる。

めっちゃくちゃ美味しい!!!

感想

前回あまりに美味しかったので再訪。

だが少しビミョーな結果。チョイスを間違えたかな?

前回同様スイーツ系は間違いない。デニッシュはサクサクで風味豊か。多分どれを食べても美味しいだろう。

だがクイニーアマンは少々ガッカリ。キャラメリゼは食感がよく美味しかった。だがラスクは苦手なのだ~。

ラスク好きの人にはいいかもしれない。どっちにしても高すぎ。ラスク1枚に130円はありえんと思う。材料費安そう。

だがラスク好きの人からすればキャラメリゼとのドッキング。夢のコラボなのかもしれない。

惣菜系はどうだろう?

サンドは見た目もあまり食指が動くモノはなくチョイスに迷い。惣菜系のパンも同じ。総じて小さめ。今クロックムッシュのマイブームがキテるので即決はしたが完全にかぶってた~。

素材にこだわってる感じは伝わってくるもののサンドもクロックムッシュも地味な味。面倒くさそう。意識高い感じがついていけない。

以前デパートのパンフェアで食べた雑穀だのオーガニックだの体にいいものにこだわったパン屋さんを思い出した~。

意識が低い人間なもんで、もっとわかりやすい美味しさの方がいいな。好きな人は好きだと思う。

スポンサーリンク