神戸【ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market】の感想

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market皿盛り

大阪の人気パン屋さんが、【コウベプルミエベーカリーマーケット(KOBE 1er Bakery Market)】に出店。行ってきましたヨ~。

数ある出店者の中で、唯一のコラボ。楽しみ~。

 

スポンサーリンク

店舗情報

ブレッドスタイルソプラノ

  • 大阪府寝屋川市早子町9-11
  • 電話番号:072-824-7067
  • 営業日:金・土・日
  • 営業時間:10:00~18:00

コウベプルミエベーカリーマーケット

  • 兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-2
  • 電話番号:078-334-4244
  • 営業時間:11:00~20:00 (日・祝)10:30~20:00 当面の間、営業時間を変更。

シェフは【DONQ】出身。

2014年、ベーカリーJAPAN CUP関西大会優勝。2015年、ベーカリーJAPAN CUP日本大会第4位。

日曜日に訪問。13店舗が名を連ねるが、常に全部あるワケではない。曜日によって出店する店舗がチガウみたい。注意。

うわ~。きらびやかなパンが勢揃い。

惣菜系が多いみたい。食パンは見当たらない。カゴには、バゲットが鋭くそびえ立つ。

めぼしい菓子パンは、ケーキのような小ぶりのフルーツデニッシュと「ラムレーズンサンド」。スイーツ系は選択の余地がないナ~。

おっ。大好きなクロックムッシュ。三角のカレーパンも気になる~。

情報は公式サイトを参考。

大阪のおいしいパン屋さん ブーランジェリーミヤタ [ブレッドスタイルソプラノ]

クロックムッシュ

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market クロックムッシュ 上から見た図

340円。パンのサイズは約11.5cm×9cm。

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market クロックムッシュ 断面図

うわ~。すっごくモッチリ~。コレ、ホントに食パン?

大きめの気泡が目立つ。ふんわり柔らかい。皮はモチッとモッチリ。フランスパンみたいな、ハードトーストみたいな食パン。

2枚の食パンで2枚のハムをサンド。

ホワイトソースは・・・湿らせてる程度の量。バターを塗るように塗ってある感じ。油脂感がある。ホワイトソースと言うよりマヨネーズのような?

ハムは・・・ソーセージ?

つなぎ感のあるソーセージっぽい味。アッサリとしてシンプル。

トッピングのホワイトソースも少なめ。チーズの豊かな風味が目立つ。トッピングにパセリ。

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market クロックムッシュ 横から見た図

私が希望するクロックムッシュではない。

でもでも・・・この食パン、メッチャクチャおいし~!!!

フランスパンのようなワイルドで無骨な香ばしさがありながら、ふわ~っと女性的なブリオッシュのような繊細さ。

なんて、なんて、なんて食パンだぁ~!!!

ものすごくアッサリとしたクロックムッシュ。ホワイトソースは、ほぼ空気。チーズとハムでシンプルに味わうサンドイッチ。

食パンが主役。食パンの美味しさを思う存分味わうためのパン。

チーズ インカレー

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market チーズインカレー 上から見た図

284円。パンのサイズは約12.5cm×12cm。

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market チーズインカレー 断面図

まるでグリーンカレーのような、草色のビジュアルにひと目惚れ。

うわ~。すっごいスパイシーな香り~。

パンはモッチリ。モコモコとしたパン。フォカッチャみたいな、と言うよりナンなのかな?

カレーはたっぷり。端っこまで入ってる~。

トロッとしたトロミはあるケレド、雑味のないスッキリとしたコク。ほのかな酸味。キレのあるスパイスがとても華やか。辛い。

歯ごたえのある人参。とろとろクリームチーズのようにクリーミィなチーズ。

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market チーズインカレー 横から見た図

あまりにもイキイキとしたフレッシュなスパイスのため、インドカレーっぽいイメージを受けたケド、よく味わえば、欧風カレーっぽい。

本格的すぎる。すっごくおいし~。こんなに美味しいカレーパンのカレーは初めて。

パンはシンプルでアッサリ。カレーの美味しさを引き立てている。

ラムレーズンサンド

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market ラムレーズンサンド 上から見た図

306円。パンのサイズは幅約5.5cm。長さは長い方が約17cm、短い方が約13cm。

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market ラムレーズンサンド 断面図

ナゼか、コレだけ、ビニール袋でしっかりと密閉してる。

やはり、表面のパリパリはない。だが・・・。

モ~ッチリ。噛みしめれば噛みしめる程、小麦の旨みがジュワ~。とても深い味わい。ばしい小麦の香りがワイルド。

ピスタチオがまるごと入ってる~。クルミもまるごと?とてつもなくデッカイのが入ってる~。

ザクザク。香ばしいナッツ。シンプルで素材そのもの。チカラ強い味わい。リスになった気分~。

センターにはラムレーズンがゴロゴロ。大粒。肉厚な果肉を噛み潰す食感がたまらない。柔らかくジューシー。とても風味豊か。

ラムレーズンと絡んでるのは、とろりとしてクリーミィなバターかな?

ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market ラムレーズンサンド 横から見た図

なんだコレ? おいし~~!!!

なんという素材のチカラ。迫力。徹底的に素材感を大切にしたパン。

焼き立てのようなパリパリ感はないものの、小麦の旨みが溢れ出すバゲット。そんな深い味をゆっくり味わうヒマさえ与えてくれない。

ザクザクのナッツに、プシューと果汁弾けるラムレーズン、クリーミィなコクのあるバター。

もう、息つく間もなく、ゴロゴロゴロゴロ、パレードですワ~。絶え間なく噛み砕く音が刻むリズムに耳をすませば・・・。

ドンドンパッ、ドンドンパッ。地響きのように足踏みとクラップハンズが聞こえてくる~。

ウィーウィル・ウィーウィル・ロックユー!!じゃなくてロック・ミーされちゃいました~!!

感想

なんてパン屋さんだろ~。

オドロキとワクワクに満ち溢れている。

「クロックムッシュ」、「チーズインカレー」、「ラムレーズンサンド」。定番のようでいて・・・見たコトがない。

「クロックムッシュ」や「ラムレーズンサンド」から、ハード系が得意というコトはワカル。いや、でも、その表現方法はナンナンダ~?

「クロックムッシュ」の具材をシンプルにこそげ落とし、食パンの美味しさを際立たせたかと思うと、「ラムレーズンサンド」では真逆。

美味しいバゲットに、惜しげもなく、バラエティに富んだ素材をガンガン突撃させる。しかもシンプルすぎる素材。

打って変わってシンプルとも真逆。いや、インドならシンプル? テクニックを駆使したかのような、本格的な美味しさの「チーズインカレー」。

ロックンロールすぎる~。シェフは、客に媚びるコトのないロックスターなのか~?

輝かしい経歴を持つシェフならではの、大胆かつ繊細なパンたちから目が離せないヨ~。

スポンサーリンク