神戸三宮 サ・マーシュ(Ca Marche)の感想

2018年9月リニューアルオープン。

昔一度行ったきり。いろんなイミで行きにくい。再訪問しようと思うもリニューアルは2ヶ月後。待ちわびたよ~ん。

スポンサーリンク

 

店情報

  • 神戸市中央区山本通3-1-3
  • (078)763-1111
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:火曜日・水曜日

道順は至って単純。阪急三宮駅西口より生田神社の西側の道をひたすら北へ。信号のある広い道路を渡り次の信号のある道で左折。スグ。

雨のドシャドシャ降る平日。11時すぎ到着。

ロゴ入り鉄のアーチがお出迎え。ハーブ園と間違えないよう注意注意。ココですよ~。

くるりと曲がったアプローチと呼ぶにはちょっと長めの小径。このまま散歩したくなるような気分になっちゃう。ちゃっぷちゃっぷらんらんらん~。あっという間に到着~。

扉を開ける。初めてのお呼ばれみたいな緊張一瞬

店内の様子

あまりリニューアル感はない。アットホーム。暖かい暖炉のある居間のような印象。

正面に大きなパン棚があり店員さんに注文するシステム。先客は2人。前の人が矢継ぎ早に質問するのを聞きながら長期戦を覚悟。もうひとり店員さんが来てくれた~。

菓子パンがない。惣菜パンがない。サンドイッチもない~。

パンの種類は少ない。食パン2種類。パン・ド・ミとハードトースト。デカいカンパーニュみたいなカタチのパン3種類。フルーツ等が入っている。1/4カットもある。試食させてもらった~。

柔らかい。しっとり~。ビックリする程の水分。でっかい苺の角切り。・・・チガウな。

チーズが入ったフランスパン。レーズンが入った小さめのフランスパン。バゲット。チャパタバゲットだっけ?柔らかいバゲット。目に入ったモノは以上。

・・・選択の余地がない。

「食パンの人気はどっちですか?」「柔らかいのとハードとどっちが好きですか?」「・・・」

どっちも人気らしい。

菓子パンやサンドイッチを作る予定はまだたってないそうだ。

バゲット

サ・マーシュ(Ca Marche)バゲット上から見た図

432円。

サ・マーシュ(Ca Marche)バゲット横から見た図

サ・マーシュ(Ca Marche)バゲット中身はこんな感じ

焼き立てパンの強い香り~。

バリバリ。皮は厚い。モッチリと噛みちぎる。おモチの皮みたいにも思える~。まるでキャラメリゼしてるみたいな感じ。

中はふわふわ。柔らかい。大きな気泡。ものすごくしっとり。噛み付くとへしゃげて固い皮にへばりつく。

メリメリ噛みしめる音が耳に心地よい。小麦の香ばしさがアトからアトから胸いっぱいに入ってくる~。深く豊かな小麦の味わいを噛みしめる喜び。

五感全てに訴えかけてくる。

めっちゃくちゃ美味しいッ!!!!!

次の日。生食。

焼き立てのしっとりさは消えた。噛みしめるとジワ~ッと水分が出てくるような気がする。

モッチリとした弾力。小麦の美味しさに変わりない。

トースト。

バリバリ~。カミナリのように激しい音。ラスクかおモチみたい。よく噛まないと。口内で砕け散ったパンが突き刺さる。

気泡が大きくエアリーな分、焼けすぎてしまう。

コレはコレで食感を楽しむ人はいると思う。

パン・ド・ミ

サ・マーシュ(Ca Marche)パン・ド・ミ ホール

ハーフサイズ。432円。

サ・マーシュ(Ca Marche)パン・ド・ミ スライス

まずは生食。

小麦の香ばしい香りとともにフシギな香り。卵の焦げた香り?焼豚みたいな惣菜系のような気もするがパン酵母の香りなのかな?

卵とミルクたっぷりのフロインドリーブの「スイストースト」も同じ香りがするので、卵かもしれない。よくわからない。

ふわっふわ~。柔らかい。モッチリ。しっとり。ぷるんとクリーミィ。食パン専門店に多い生クリーム系に似てるがぷるんとしすぎてない。アッサリとした感じもあり絶妙な味わい。

ミミはモッチリ。香ばしい。キャラメリゼっぽい味わい。フランスパンの皮みたい。

ミミの香ばしさとぷるんとクリーミィなパン。食感の違いが美味しすぎ~。

トースト。

ミミはサクサク~。

こんがりと焦げた表面もサクサク~。ってなんだコレ?

焦げた部分が紙のように薄い。薄焼きクレープをカリカリに焼き上げたような繊細な食感。

水分の多い食パンは焦げ目がつきにくく優しい焼き上がりになるがコレは別物。ハラハラと散る落ち葉のように繊細~。

中はふわふわ。ぷるんとクリーミィ。しっとり。

ヤバイ。激ウマ。あまりの美味しさにジャムやバターの存在を失念。家族の存在も失念。全てを失念。食パンと私。二人だけの世界~。

何も付ける必要ないんじゃなくて付けるのを忘れる美味しさ。うわ~。美味しいよ~!!!もっと食べたいよ~!!!

次の日。ミミをトースト。

要塞のようなサクサクのミミに囲まれたふわふわのパン。しっとり。モッチリ。香ばしい。

バターをぽとん。美味しいッ!!ももジャムをぽとん。美味しいッ!!ミルクジャムをぽとん。美味しいッ!!どっちがクリームかわかんなくなる~。

感想

菓子パンや惣菜パンを楽しみにして行ったので少々拍子抜け。

一番シンプルなチョイスに落ち着く。

パン・ド・ミのミミ。キラキラと輝くキャラメリゼのよう。フランスパンの皮っぽいが、まるで別に焼いてくっつけたようにも感じる。そんなワケないがそれ程ミミのクオリティが高いのだ。

丁寧に手をかけて、多分話しかけながら焼き上げたんじゃなかろうか?それ程愛情とこだわりがなくては焼けないパンだ。

バゲットにも驚く。どこのパン屋さんにもあるありふれたパンが【サ・マーシュ】でトキメキのパンに変わる。

見た目の美しさにも圧倒されるが味はそれ以上。小麦の香り、香ばしさ、深い味わい。シンプルな素材のパンだがシンプルとは程遠い豊かな味わい。

パンの種類を精査してくれたお陰でホンモノのパンの味に出会えた~。菓子パンや惣菜パンなんて目じゃないと思える。ザ・パン。

最初に拍子抜けなんて言ってごめんなさい。こんな美味しいパンに出会えて喜びを感じない人は少ないだろう。

パンの原点に立ち還る。パンに真摯に向き合う機会を与えてくれたシェフに感謝。サスガ神戸ナンバーワンとの呼び声高いパン屋さん。

スポンサーリンク