温めてもおいしいとろける安納芋バター【第一パン】の感想

温めてもおいしいとろける安納芋バター【第一パン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

温めてもおいしいとろける安納芋バター【第一パン】上

2023年1月発売。新商品。購入価格138円。パンのサイズは、約10.5cm×10cm。

安納芋クリームと、北海道産発酵バター入りクリームを包んだ、クリームパン。安納芋クリームは、鹿児島県産安納芋のペーストを使用。

電子レンジ加熱で、さらに、おいしいそうです。500Wで、約20秒。

食べてみた感想

温めてもおいしいとろける安納芋バター【第一パン】断面

パンは、ふんわり。しっとり。ほんのり甘い。パンも、お芋っぽい風味。

安納芋クリームは、ぷるんぷるん。なめらか。甘い。スイートポテト風だが・・・カスタードが多い。お芋のプリンみたいな感じ。

バター入りクリームは、とろとろ。塩味が効いていて、甘さが引き立っている。ほんのり酸味。

半分は、電子レンジ加熱してみました~。

ほのかに暖かく、パンは、もっと、ふんわりしました~。

安納芋クリームが、さらに、クリーミィ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

温めてもおいしいとろける安納芋バター【第一パン】斜め

3.2点。

「温めてもおいしいとろける安納芋バター」って、タイトルなんで・・・ドキドキ。恐る恐る温めてみました~。

バターらしきモノが、全く、消えておらず・・・おぉっ、大成功か~?、なんて、思ったんですが。バター入りクリームだったんですねぇ。

タイトルに「安納芋」。ココに注目して、買っちゃうワケですが。

期待したホド、安納芋感はなく・・・ってか、スイートポテトすらも、思いっきり、通り越しちゃってて。

ホボホボ、お芋風味のカスタードクリームという感じでした~。

しかし、ですヨ? 私ってば、クリームパン、大好きですからね・・・いいんじゃァないでしょーか?

また、バター入りクリームが、お芋のカスタードに、スッゴク、合ってるんですヨ~。

焼き芋に乗せる、バターのごとく。塩味が効いてて、甘じょっぱいだけじゃァなく・・・酸味があって、スッキリとした、おいしさになってました~。

とっても、おいしかったです~。パンも、お芋風味ってトコが、いい感じ。

コレだけで、平凡さから、抜け出しちゃいますね~。タダのクリームパンじゃァなく、スイーツっぽいオシャレさを、感じちゃいました~。

温めた方が、より、おいしかったですが・・・「とろける」というような劇的な変化はなく、そのまま食べても、おいしかったですヨ~。

エネルギー281キロカロリー、炭水化物37.2グラム。エネルギー、低め。

原材料

さつまいも風味クリーム(国内製造)、小麦粉、バター風味フラワーペースト、砂糖、卵、ショートニング、パン酵母、油脂加工品、ぶどう糖、脱脂粉乳、食塩、植物油脂/加工デンプン、ソルビトール、グリシン、香料、乳化剤、pH調整剤、糊料(キサンタン)、イーストフード、ビタミンB1、着色料(カラメル、カロチノイド)、酸味料、ビタミンC。

アレルギー物質

小麦・卵・乳成分・大豆。

栄養成分

エネルギー281キロカロリー、たんぱく質5.3g、脂質12.6g、炭水化物37.2g、食塩相当量0.5g。表示値は、目安。

スポンサーリンク