ゴーゴーカレー監修 カレーパン【第一パン】の感想

ゴーゴーカレー監修 カレーパン【第一パン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ゴーゴーカレー監修 カレーパン【第一パン】上から見た図

2019年7月発売。新商品。購入価格116円。パンのサイズは約14.5cm×9cm。

【ゴーゴーカレー】をイメージしたブラックカレーフィリングを包んだカレーパン。

【ゴーゴーカレー】監修、金沢カレー協会認定商品。【ゴーゴーカレー】監修のパンは「ゴーゴーカレー監修 カレーチーズデニッシュ」もある。

食べてみた感想

ゴーゴーカレー監修 カレーパン【第一パン】横から見た図

パンはじんわりと油脂が染み込んでいる。表面が濡れて油が染み出してる。ジューシー。パン部分が厚ぼったく、ふんわり柔らかい。

カレーは真っ黒。濃厚なコク。どろどろのトロミ。あまり辛くない。裂いた肉のような肉感はある。

評価

ゴーゴーカレー監修 カレーパン【第一パン】断面図

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.1点。

金沢カレーという特徴的なモノはあまり感じなかったが・・・それもそのハズ。金沢カレーの特徴は以下の通り。

  • ルーは濃厚でドロッとしている。
  • 付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
  • ステンレスの皿に盛られている。
  • フォークまたは先割れスプーンで食べる。
  • ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。

金沢カレーブームの火付け役!ゴーゴーカレー

カレーの特徴は濃厚でドロッとしてるだけじゃん。真っ黒ってワケじゃなさそう。真っ黒は【ゴーゴーカレー】の特徴なのかな?

まいいや。パンはふわふわジューシー。カレーパンらしくとても美味しい。カレーも濃厚でとても美味しい。

夏はやっぱりカレーパン。パン部分も多くガッツリ系。千切りキャベツも一緒に詰め込んでたら面白かったと思う。

エネルギー321キロカロリー、炭水化物36.5g。ともに低め。

原材料

小麦粉、カレーフィリング、ショートニング、パン粉、砂糖、マーガリン、ぶどう糖果糖液糖、卵、濃厚ソース、ぶどう糖、パン酵母、食塩、乳等を主要原料とする食品、脱脂粉乳、ココアパウダー、発酵風味料/糊料(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、乳化剤、イーストフード、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料、グリシン、ビタミンC、酸味料、甘味料(ステビア)。

アレルギー物質

小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご。

栄養成分表示

エネルギー321キロカロリー、たんぱく質6.6g、脂質16.4g、炭水化物36.5g、食塩相当量1.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク