蔵出し抹茶メロンパン【第一パン】の感想

12月 12, 2019

蔵出し抹茶メロンパン【第一パン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

蔵出し抹茶メロンパン【第一パン】上から見た図

購入価格116円。パンのサイズ約12.5cm×10.5cm。

抹茶クリームをサンドして抹茶ビスケットをトッピングした抹茶メロンパン。西尾の抹茶使用。

2020年12月リニューアル新発売。

「蔵出し抹茶」とは、低温でじっくりと熟成させた茶葉を石臼挽きで作り上げた抹茶(パッケージ裏面の説明)。

「蔵出し抹茶」シリーズは他にも2種類発売。「蔵出し抹茶シフォン」と「蔵出し抹茶チョコラ」。

食べてみた感想

蔵出し抹茶メロンパン【第一パン】断面図

パンはふわふわ。柔らかい。きめ細かい。風味豊かで優しい味。メロンパンらしいパン。とても美味しい。

ビスケット生地は柔らかい。たっぷり。一部、底まで覆ってる。ソフトなクッキーみたいな感じ。濃厚な抹茶風味。ほんのりとした甘み。

抹茶クリームは少なめ。濃厚な抹茶。お濃茶ほどではないが、カナリ濃い。奥行きを感じるひなびた風味。抹茶をそのまま食べてるような抹茶そのもの。ほろ苦い。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

蔵出し抹茶メロンパン【第一パン】横から見た図

3.2点。

まず驚かされるのが、つややかな抹茶色。

抹茶。抹茶が濃厚。そーゆーパン。

トッピングから底までまたがる抹茶ビスケットと抹茶クリーム。飲む抹茶よりも濃い味わいがブワ~ッ。くちの中に広がってゆく~。

パンのミルクっぽさとの相性もバツグン。パンの厚みは薄め。抹茶オレと言うより抹茶、抹茶、抹茶~。

メロンパンと言うよりも抹茶すぎる。クリームも少なめなので、クリームに翻弄されるコトもない。ただただ無心に抹茶を味わう。ソレがワビサビ。

静かな落ち着き。西尾の抹茶を思う存分味わえるパン。

原材料

小麦粉、抹茶風味クリーム、砂糖、卵、ショートニング、ぶどう糖果糖液糖、マーガリン、抹茶加工品(緑茶、クロレラ)、パン酵母、ぶどう糖、食塩、ホエイパウダー、脱脂大豆粉、植物油脂、脱脂粉乳/乳化剤、ソルビトール、膨脹剤、着色料(紅花黄、クチナシ、カロチノイド)、香料、イーストフード、pH調整剤、ビタミンC。

アレルギー物質

小麦・卵・乳成分・大豆。

栄養成分

エネルギー341キロカロリー、たんぱく質6g、脂質11.8g、炭水化物53.1g、食塩相当量0.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク