ヴィエノワ カスター【第一パン】の感想

ヴィエノワ カスター【第一パン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ヴィエノワ カスター【第一パン】上から見た図

2020年4月発売。新商品。購入価格106円。パンのサイズは約25cm×5.5cm。

バニラシード入りの北海道産牛乳使用のカスタークリームをサンドしたソフトなフランスパン。

スリット入り。ちぎりやすい。

食べてみた感想

ヴィエノワ カスター【第一パン】断面図

パンはふわっふわ~。やわらか~い。きめ細やか。しっとり。モッチリ。卵の豊かな風味。ブリオッシュっぽい生地。

表面は少々パリッとした感じ。ココがソフトなフランスパンっぽいトコロ。噛みしめる感じもある。

カスタードはとろっとろ~。濃い卵の風味。卵黄みたいなコク。卵ソースという感じ。

それでも、素朴な昔ながらのカスタードではない。クリーム系の洋菓子屋さんのカスタード。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ヴィエノワ カスター【第一パン】横から見た図

3.4点。

長いナ。

コレはひょっとして・・・【Pasco】の「ファボールサンド」、【ヤマザキ】の「ナイススティック」、【フジパン】の「ロングスティック」と同列に語られるべきパンなのか?

と言っても、長さでは3メーカーに少々負けてる感じ。誤差範囲ですケドね。私基準では充分すぎる長さ。

しかもスリット入り~。デカすぎパンにシェアを促す効果バツグン・・・かな?

パンはブリオッシュ風のソフトなフランスパン。とっても美味しい。上品さでは1番上を行ってる~。

カスタードも美味しい。濃厚な卵風味を感じながらの上品な洋菓子屋さん系。コチラもとても上品。

つまり、すっごく美味しい。

おいし~んだケド・・・「ぎゃぁぁぁ、おいし~」と叫ぶような感じではなく、「美味しいね、コレ」ってトナリの人に落ち着いて語る感じ。

上品すぎるんだヨね~。

カスタードがゆるめ。なので少なめに感じちゃうのかな?アッサリしてる。最終兵器クリームの爆発的な美味しさ、クリームに溺れる感じがない。

実際にクリームに溺れたら、タイヘンだけどね。

地獄に突き落とされるとしたら、「血の池地獄」ならぬ「クリームの池地獄」に突き落としてほしい。クリームに溺れながら、クリーム好きだったコトを反省させておくれ~。

でも美味しくて、アッサリってのは、いいかも。しかも上品。ワンランクアップ感もある。

エネルギー290キロカロリー、炭水化物44.4g。

原材料

小麦粉、フラワーペースト、乳等を主要原料とする食品、でん粉、砂糖、マーガリン、ショートニング、パン酵母、植物油脂、ぶどう糖、醸造酢、食塩、コーンシロップ、卵、植物性たん白、モルトエキス、デキストリン、乳たん白/乳化剤、加工デンプン、グリシン、カゼインNa、香料、イーストフード、糊料(増粘多糖類)、酸味料、酸化ケイ素、着色料(カロチノイド)、ビタミンC。

アレルギー物質

小麦・卵・乳成分・大豆・ゼラチン。

栄養成分

エネルギー290キロカロリー、たんぱく質7.8g、脂質9.0g、炭水化物44.4g、食塩相当量0.9g。表示値は目安。

スポンサーリンク