ベイクド・ザッハトルテ【ファミリーマート】の感想

ベイクド・ザッハトルテ【ファミリーマート】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ベイクド・ザッハトルテ【ファミリーマート】上から見た図

2021年3月16日発売。新商品。178円。サイズは、約6.5cm×6.5cm。

チョコクリームと杏ジャムを包んだチョコケーキ。表面をシュガーコーティング。

【ケンズカフェ東京】氏家シェフと一緒に作った、ビーン・トゥ・バー・チョコレートを使用。

チョコレート類(準チョコレート、チョコクリーム、ココアパウダーを含む)中、エクアドル産チョコレート10%。

食べてみた感想

ベイクド・ザッハトルテ【ファミリーマート】断面図

小さめ~。本当に、ケーキなんですネ~。

チョコケーキは、しっとり。ホロホロ崩れる。濃厚なチョコ風味。ブラウニーみたい。

底に敷いてあるのは、パイ? しっとりとした層が重なる、パイっぽい生地。モッチリ。チョコ風味。

杏ジャムは、少なめ。甘酸っぱい。わずかに果肉感。

チョコクリームも、少なめ。ねっとり。口溶けがよい。

表面のシュガーコーティングが、シャリシャリ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ベイクド・ザッハトルテ【ファミリーマート】横から見た図

3.2点。

甘酸っぱい杏ジャムと、チョコクリームが、スゴク、馴染んでいる。

とても少ないが、ダイジョーブ。濃厚なチョコケーキとも、スッゴク、馴染みすぎている・・・ってか、ホボホボ、一体となってる感じ。

しっとり、濃いチョコケーキが、ホロッと、くちの中で、こぼれ、わずかに、とろりと、甘酸っぱさを感じる。

底に敷いてあるパイっぽい生地は、フツー。あんまり高級感は、感じられない。

いるかなぁ? やっぱ、いるよねぇ。食感の違いは大事。

シュガーコーティングは、上品さを出してて、いい感じ。

おいしかったケド、チョコ好きのためのチョコケーキかな? チョコに思い入れのない人間にとっては、割とフツーのチョコケーキ。

熱量338キロカロリー、糖質31.1g。ともに、低め。

原材料

小麦粉(国内製造)、マーガリン、チョコレートスプレッド、卵、砂糖、グレーズ(水あめ、砂糖、デキストリン、寒天)、ドライアプリコット砂糖漬け、乳等を主要原料とする食品、準チョコレート、クリーム、加工油脂、ショートニング、ココアパウダー、発酵風味料、食塩、醸造酢、パン酵母/トレハロース、乳化剤、加工デンプン、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、メタリン酸Na、増粘剤(タマリンド)、漂白剤(亜硫酸塩)、カロチノイド色素、pH調整剤。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量338キロカロリー、たんぱく質3.9g、脂質21.6g、炭水化物32.6g、 糖質31.1g、食物繊維1.5g、 食塩相当量0.3g。表示値は、目安。
 

スポンサーリンク