【ファミマ】爽やかな甘酸っぱさ広がる瀬戸内レモンパイの感想

2月 17, 2018

ファミマ爽やかな甘酸っぱさ広がる瀬戸内レモンパイ

138円。358キロカロリー。

ファミマ爽やかな甘酸っぱさ広がる瀬戸内レモンパイ皿盛り

ファミマ爽やかな甘酸っぱさ広がる瀬戸内レモンパイ中身

一体どれほどレモンパンを食べただろーか?今年の初夏。・・・思ってたより少なかった。パン売り場では夏らしいレモンパンが百花繚乱。

初めてレモンパンをたべたのは遥か昔。「フォーション」のレモン味のメロンパン。小さめで網目なし。あまりの美味しさに驚愕。ほのかなレモン味が絶妙。そこそこハマった。・・・高いので。以来レモンパン=美味しいという図式の出来上がり。

レモンの味が強い。瀬戸内産という主張はヒシヒシ伝わってくる。

パイは雪のように真っ白。夏らしい涼やかさ。柔らかそうに見えるが空気があまり入ってない。サックリして噛みごたえアリ。柔らかくはない。

パイ部分が薄すぎて物足りない。もっとボリュームがあった方がパイの美味しさを感じられる。

フィリングはレモン果汁入りクリームとレモンペースト入りケーキ。

クリームは固め。酸っぱい。固めのクリームとケーキ生地が市販のお菓子っぽい。

レモンのパンは食傷気味。爽やかすぎるのも考えもの。欲しいのは甘酸っぱさであって酸っぱさではない。

スポンサーリンク