京都【グランマーブル】のマーブルデニッシュは何度でも買うの巻

4月 28, 2018

【グランマーブル】のマーブルデニッシュ

2018年4月12日~16日まで大丸神戸店「ベーカリーマルシェ」出店。

去年に出会ってから1年ぶり。あれだけ待ち望んでいたのに胸がドキドキ。まっすぐ向かえない。トナリの「ペニーレイン」の行列に並び人影からそっと伺う。

やっと真正面から見つめる。私の彦星様。

今日のお目当ては惣菜系「チーズ&ベーコン」。

スポンサーリンク

 

グランマーブルとは?

「マーブルデニッシュ」という超絶美味しいデニッシュブレッド専門店。

もう食パンは完全に超えてる。京都らしい祇園辻利の抹茶色も多いが淡いピンク色も多い。お花畑のようにゴージャス。ウエディングブレッドまで作っちゃってる。

イメージとしてはイギリス貴族の宮殿みたいなお店でもおかしくないと思ってた~。

「なるみ・岡村の過ぎるTV」でも紹介。

う・わ~。京都祇園ってあんなトコぉ?映画のセットみたい~。歴史を感じさせる古木と淡いオレンジの壁(グランマーブルのパッケージカラー)。古式ゆかしき店構え。のれんをくぐって入るんだぁ~。

京都らしい日本庭園のような中庭が見えるが内装は和モダン。外観とはウラハラ。白木がまぶしい。ガラス張りのショーケースはジュエリーを飾っているかのよう。

うわ~ん。行ってみたいよ~。でもサスガ京都。一見さんお断りっぽい入りにくさも感じるなぁ。キョーレツな場違い感。

店舗情報

店舗情報|GRANDMARBLE

ん?意外と店舗たくさんある~。大阪にもあるんだ~。

・・・梅田じゃないのか。行ける自信がない。やはり催事を待つしかない。

中国や韓国にも出店してる~。

オンラインストアもある。未開封の場合かなり保つので購入しやすい。

試食タイム

安心かつウレシイ試食タイム。

まずは「チーズ&ベーコン」。生食は初めて。

幾重にもしっかりと層を巻き上げたデンマーク風デニッシュ食パン。ふわふわ柔らかく程よい油脂感。チーズとベーコンの風味は近所のパン屋の「オニオンベーコンブレッド」に似てる。

美味しい。美味しいがやはり甘い方がいい気がする。

間髪入れず「さくら」の試食をススメてくださる。親切な店員さん。

ウレシイ。買う気は全くないタイプ。試食で体験できるのはありがたい。モグモグ食べながらキョロキョロ買うモノ検討。

「さくら」の味はあまり憶えてない。さくら風味がわざとらしくなく美味しかった気がする。

ん?クリームチーズ?ココロの琴線に触れた~。

去年の経験から全ての種類をタッパーに用意しているのは確認済み。厚かましいオバサン力発動。

「クリームチーズの試食できますかしらん?」

ん?「意外とシンプル。」「でも次第に口の中にチーズのコクが広がってゆく~。」口に出てたわ~。

私の感想に店員さんもニッコリ。スムーズに会計に移動。最初から決めていた「京都三色」と「Dojiフロマージュ」。レジ横に置いてあった「マーブルクランチミニ ショコラ」も追加。

「チーズ&ベーコン」は1404円。カマンベールとベーコン入り。2018年1月~6月までの季節限定。

「さくら」は1188円。桜色の生地にあんことかのこ。2018年3~5月までの季節限定。

Dojiフロマージュ

グランマーブルDojiフロマージュ

1620円。賞味期限は2018年4月22日(未開封の場合)。4月12日購入。100g当り355キロカロリー。

グランマーブルDojiフロマージュ中身

軽くトースト。

ミミはない。ミミはうすく皮みたい。サクサク~。だが柔らかくぷるんとしてる。

中は柔らかい。とろとろ。クリーミィ。しっとり。チーズケーキみたいな味わい。クリームチーズ入り。

幾重にも幾重にも丁寧に重ねられたデニッシュ生地。ほぼ同じ数だけある層の間からとろりとろ~りとクリームが溢れ出してくる~。

信じられなーい。どっから出てくんのか全然わかんない。無から生み出されるイリュージョンみたい。なにもない手のひらから次々と鳩が飛び出す感じ。

フレンチトーストみたい。チーズケーキ風フレンチトースト。

生食と全然チガウ~。クリームチーズの風味がふわ~ッと口の中いっぱいに広がる~。堰き止められていた風味が堰を切ったように。もうグルグルグルグル鳴門の大渦だよ~。

美味しいッ!美味しいぃぃ!!美味しいィィィィィ!!!

美味しくて止まらないィィィィィ!!気がつけばもうひとくちしか残ってない。気がつかなきゃ指までかじってるトコだよ~。

何もつけなくてもいいんじゃない。何もつけちゃダメ。何かつけるなんて冒涜。天使に厚化粧させるようなモン。

トンデモなく美味しい。ゼッタイゼッタイトーストがオススメ。

京都三色

グランマーブル京都三色

1080円。賞味期限は2018年4月21日(未開封の場合)。4月12日購入。100g当り371キロカロリー。

グランマーブル京都三色中身

グランマーブル京都三色スライス

祇園辻利の抹茶と苺とプレーン。京都のお花見。

軽くトースト。

ミミはサクサク。パイの皮みたい。中はしっとり。ふわふわ~。

まず苺の自然でフルーティな甘みが広がってゆく。次に抹茶の青々しくもほろ苦いひなびた味わい。サスガ京都。宇治抹茶のこだわり。

京都を味わえる。もう京都に行ったも同じ~。

ヤバい。めっちゃくちゃ美味しい!!!

マーブルクランチ(ミニ)ショコラ

グランマーブルマーブルクランチ(ミニ)ショコラ

8個入り。540円。賞味期限2018年7月7日(4月12日購入)。100g当り533キロカロリー。

マーブルクランチは大きさによってミニとレギュラーがある。双方とも全4種類。ショコラ、抹茶、ショコラフレーズ、ショコラブラン。

マーブルクランチ(ミニ)ショコラ皿盛り

マーブルデニッシュにチョコを絡めてチョコクランチに変身。

チョコの中にガシガシとしたフランスパンのような風味。

甘さ控えめ。カカオの苦みの中に奥深い甘み。キャラメルとメープル入り。

とっても美味しい。大人の味。だがフランスパンみたいなのがマーブルデニッシュの成れの果てかと思うと・・・涙が止まらない。

なんでマーブルデニッシュちゃん使うんだよ~。カワイそうじゃんか~。マーブルデニッシュちゃんはマーブルデニッシュとして人生を全うして欲しい。

チョコレートクランチ

巷で人気のチョコレートクランチ。

東京ディズニーリゾートを代表するお土産。35周年を記念してチョコレートクランチ専門店「ペイストリーパレス」がオープン。

東京の人にとっては「小さい頃から気づいたらある。」というくらい身近なお菓子らしい。

そりゃマーブルデニッシュも変身しちゃうわ~。

だが一方でひっそりと消えてゆくチョコレートクランチもあるようだ。森永の「カカオ70ビフィズス菌全粒粉ビスケットクランチチョコ」。去年の秋に登場したばっかりなのにもう販売終了とは・・・。

「濃厚なチョコの味わい。ビター。」というのが「マーブルクランチショコラ」を初めて食べた時の感想。だが2回目は前出の森永のクランチチョコと一緒に食べた。

やはりカカオ70と比べると驚く程チガウ。全くビターさも感じなかった~。

つまりちょっと高すぎ。マーブルデニッシュはマーブルデニッシュのままで。

まとめ

【グランマーブル】との1年ぶりの逢瀬。こんなにも甘くスイート。ココロときめくデート。

私は菓子パンやスイーツはほぼリピートしない。初めて出会った瞬間の感動を超えられないからだ。

「京都三色」は去年の「ベーカリーマルシェ」のチラシ掲載商品。敢えて別のモノを購入。美しさより実を取るタイプ。

だが今年は買おーと決めていた~。今まで買ったモノも含めて全てのマーブルデニッシュが美味しい。値段はカンケーない。全て!!なのだ。

「京都三色」は「Dojiフロマージュ」に比べアッサリとした味わい。ミミは双方ともサクサクのパイのようだが「京都三色」の方がパラパラ崩れやすい感じ。

「Dojiフロマージュ」は豊饒な溢れいづる大地の恵みのようなクリーミィさがある。たっぷりの油脂感を感じるがカロリーは「京都三色」の方が高い。

クリーミィなマーブルデニッシュの風味が寄せては返すさざ波のように体中を巡っている。ゆっくりとのんびりと。終わらない夢を見ているような甘い余韻。こんなにもアト引く長い余韻はなかなかない。

去年はあまりの美味しさに衝撃。「ベーカリーマルシェ」期間に再度購入に駆けつけるという暴挙を犯す。後にも先にも交通費をシブりがちな私にとってたった一度の経験だろう。

今年も実は行きたい。やっぱ「チーズ&ベーコン」ほしー。もう依存症かよって感じ。

神戸に来てくれる度買い続ける。ゼッタイゼッタイ全種類制覇する。そしてコンプリートした暁には・・・。

生まれ変わった気分でまた買う~。何度でも何度でも買い続ける~。

スポンサーリンク