釜焼きパスコ国産小麦のカンパーニュくるみレーズン【パスコ】の感想

4月 30, 2018

釜焼きパスコ国産小麦のカンパーニュくるみレーズン

7枚入り。1包装当り503キロカロリー。

パスコ釜焼きパスコ国産小麦のカンパーニュくるみレーズン皿盛り

「ハード系のパンをもっと気軽に、もっと美味しく」をコンセプトに誕生した釜焼きパスコ。ルヴァン種使用で石窯で焼く。・・・どっかで聞いたコトあるぞ。

ルヴァン種を使ったシリーズはヤマザキにもある。食べたコトあるのは「3種の果実とチーズクリームのパン」。ライ麦入り。すごく美味しかった。

同じく石窯で焼いてるのはタカキベーカリーの石窯シリーズ。コチラも美味しい。お気に入り。

モッチリ。噛みごたえのあるパン。

全粒粉入り。小麦の香ばしい風味が広がる素朴なパン。

洋酒漬けのレーズンは柔らかくジューシー。洋酒の味は感じられない。

軽くトースト。

表面サックリ。生食のモソモソした感じがなくなる。食感も味わいも美味しくなる。

くるみの香ばしさもアップ。

ヘルシーな感じ。ヘルシーすぎる。食べにくいと言う程でもなく美味しくないワケでもないが毎日食べるには義務感を伴う。

もう一つの釜焼きパスコは「国産小麦のバゲット」。

後日。

スーパーにて試食販売に遭遇。たらこスプレッドを塗ってもらってパックン。

かなりの薄切りだったがふっくらモッチリ。小麦の風味の香るフランスパン。焼き立てパン屋さんのようなパリパリ感はないがトーストすればサクサクになるだろう。

・・・マリンフードの「たらこスプレッド」の宣伝だった。長々と説明始まった~。買い物かごに入れてしまいそうな程気まずい。

スプレッドはトーストすれば「たらこフランス」になりそうな感じ。美味しかったけど毎日は飽きる。

バゲットは多すぎて持て余す。「ちょうどいいわ」で試食してごめんなさい。

次の日1個もなくなってた~。プロすぎ。

スポンサーリンク