ワンハンドデリ カルボナーラ【神戸屋】の感想

ワンハンドデリ カルボナーラ【神戸屋】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ワンハンドデリ カルボナーラ【神戸屋】上から見た図

2020年3月発売。新商品。購入価格151円。パンのサイズは約14cm×7cm。

ベーコンとカルボナーラソースを包んだパン。ワンハンドで食べやすい。

「ワンハンドデリ」シリーズの新作。

温めるともっと美味しいそうだ。

1000Wのトースターで約2分20秒加熱。500Wの電子レンジで約20秒加熱。

食べてみた感想

ワンハンドデリ カルボナーラ【神戸屋】断面図

パンはふんわり柔らかい。歯切れがよく、きめ細やかな生地。ピザかフォカッチャを白パンっぽく仕上げたような感じ。

ベーコンはアッサリ。脂身は少なめだが、ベーコンらしい肉の旨みは感じる。

カルボナーラは少なめ。とろりとクリーミィ。クリームシチューのような濃厚なトロミ。ほんのりチーズのコク。味はカルボナーラ。しっかりとした味付け。

半分はトースト。

うわ~~。こんがり~。

サクサク。パリッ。表面はビスケット生地みたいになったヨ~。中は柔らかいまま。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ワンハンドデリ カルボナーラ【神戸屋】横から見た図

3.2点。

久々の「ワンハンドデリ」シリーズ。あんまりいい記憶がない。でもカルボナーラは気になる。買ってみた~。

見た目は変わらないが、味は随分変わってる~。

以前はコーングリッツがまぶしてあって、何がしたいのかよくワカラナイパンだった~。

パンはそのまま食べても、割と美味しくなってる。

相変わらずフィリングは少ない。だが、カルボナーラは濃厚。そのまま食べても、温めても、変わらず美味しい。

断然、トーストを強くオススメする~。

サクサクパリパリ。もう、コレは別のパンでしょ。

イタリアのグリッシーニ(スティック型のクラッカーみたいなパン)みたいな食感。香ばしく、風味も豊かになっちゃうんだからフシギ。まるでマジック。

変化に驚きたい人は、生食とトーストと両方食べてもいいかも。

トースターで焼くだけで、すっごく美味しくなる。朝食やランチに大活躍。便利な惣菜パンだと思う。

エネルギー209キロカロリー、炭水化物30.9g。ともに低め。

原材料

小麦粉、カルボナーラ風フィリング(食用植物油脂、たまねぎ、小麦粉、砂糖、チーズパウダー、チキンスープ、乳たん白、ブイヨン、乾燥卵、香辛料、その他)、ベーコン、ショートニング、砂糖、卵、パン酵母、食塩、乳等を主要原料とする食品、発酵風味料、加工油脂/加工デンプン、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、酢酸(Na)、pH調整剤、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンC)、イーストフード、香料、酸味料、保存料(ポリリジン)、ビタミンC、発色剤(亜硝酸Na)、着色料(カラメル、カロチン)。

アレルギー物質(27品目中)

乳成分・卵・小麦・大豆・鶏肉・豚肉。

栄養成分

エネルギー209キロカロリー、たんぱく質6.1g、脂質6.9g、炭水化物30.9g、食塩相当量1.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク