クレームブリュレフランス【神戸屋】の感想

クレームブリュレフランス【神戸屋】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

クレームブリュレフランス【神戸屋】上から見た図

2020年4月発売。新商品。購入価格95円。パンのサイズは約21.5cm×5.5cm。

クレームブリュレをイメージしたクリームをサンドしたソフトなフランスパン。

食べてみた感想

クレームブリュレフランス【神戸屋】断面図

パンは少々固め。と言ってもソフト。アタリマエ。ソフトなフランスパンなんだから。

コレで少々固めと感じちゃう、最近のパンのふわふわっぷりがヤバい。ってか私の歯、ダイジョーブか?

ギッシリめの生地。少々パサパサ。だがしかし、クリームと食べると全くモンダイなし。クリームに合うパン。アッサリとした味。

クリームは・・・ジャリジャリ。砂糖を噛み砕く。甘~~~。甘すぎ。

香ばし~。コレは・・・キャラメルクリームじゃね?

しかもバニラ?うわ~ん。とってもいい香り~。

やっぱり、すっごくブリュレっぽい~。キャラメルクリームじゃなかった~。カスタードをキャラメリゼしたような、スイーツっぽいクリーム。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

クレームブリュレフランス【神戸屋】横から見た図

3.2点。

パッケージがファンシーにリニューアル。ココロもウッキウキ~。ついついカゴに入れちゃいます~。

昔、激ハマりしたのが【神戸屋】の「アーモンドフランス」。ロングセラーな人気シリーズ。

少々固めのバタークリームっぽいクリームが、くちに入れると、スーッととろけてゆく~。

懐かし~。コレコレって感じ。やっぱウマいワ~。

パンもクリームも食感は昔から変わってないような感じ。アッサリとしたパンが、いや、アッサリとしたパンだからこそ、クリームを1番美味しく引き立ててくれる。

実はクレームブリュレは少々苦手。とろとろアッサリとした日本のプリン派。

クリームの濃厚さが年齢的に少々キツイ。かてて加えてぶ厚いキャラメリゼはどーかと思う。フランス人にはかなわんワ~。いや、若い人向けスイーツかな。

クレームブリュレそのものはキツイが、アッサリとしたフランスパンに包まれたクリームは、こんなにもチガウ。いつだってクリームは世界を救うのだ~。

プリン風カスタードとカラメルがとろけ合う。キャラメリゼのジャリジャリ感も忠実に表現。

ヤバい。おフランスの味、クレームブリュレ風のスイーツ感をカンペキに楽しめちゃう~。

少々甘すぎだが、ソコはしゃーない。ブリュレだ、あきらめヨ。その分、印象はドキュンと強い。

エネルギー358キロカロリー、炭水化物46.4g。

原材料

小麦粉、カスタード風味クリーム(ショートニング、砂糖、砂糖混合異性化液糖、マーガリン、その他)、果糖ぶどう糖液糖、乳等を主要原料とする食品、ショートニング、パン酵母、食塩、発酵風味料、モルトパウダー/乳化剤、着色料(カラメル、カロチン)、香料、増粘多糖類、イーストフード、グリセリンエステル、pH調整剤、酸味料、ビタミンC。

アレルギー物質(27品目中)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

エネルギー358キロカロリー、たんぱく質6.0g、脂質16.7g、炭水化物46.4g、食塩相当量0.9g。表示値は目安。

スポンサーリンク