復刻山型食パン【神戸屋】の感想

4月 2, 2018

復刻山型食パン【神戸屋】

スポンサーリンク

 

100周年記念商品

2018年11月8日に100周年を迎える【神戸屋】。

100周年記念第1弾として「復刻山型食パン」、「復刻サンミー」、「復刻ローレル」、「レザン&クリームチーズ」を発売。

年寄りは「復刻」というコトバに弱い。懐かしい昭和っぽいイラストにもグッと来る。

【神戸屋】は食パンから始まった。ソレがこの「復刻山型食パン」だとしたら意外。記憶違いかもしれないが昔は角食ばかりだったようなイメージ。山型食パンを見た時オシャレな食パンらしいカタチにときめいた~。

商品説明

復刻山型食パン【神戸屋】皿盛り

6枚入り。100g当り257キロカロリー。

当時【神戸屋】が使用していたパン酵母はホップス種。アメリカ産のホップの花を乳酸菌と酵母で熟成させた発酵種。創業後10年後にはイースト菌に切り替えている。

天然酵母なので品質の安定が難しかった当時。技術や設備の進化で昔ながらの作り方でも安定して美味しいパンが作れるようになる。めでたく「復刻山型食パン」の復刻に至る。

神戸屋復刻山型食パン横

食べてみた感想

軽くトースト。

サクサク優しい食感。中はふんわり。しっとり。ミミは香ばしい。

ほんのりバターの風味。バター入りマーガリンか。だがハッキリとバターの風味を感じる。ほのかな甘み。塩の甘み。

香ばしい。全粒粉のような香りと風味。コレがホップス種のパンの特長なのかな?

バターや甘みは感じるが風味はさほど強くない。淡白な味わい。パスコの「超熟山型」に似てる。シンプルだが美味しい。

全粒粉のような風味が古めかしいイメージ。食感は今風だがモッソリした素朴な感じ。昔に思いを馳せてしまう。まだ生まれてないケド。

「はいからさんが通る」みたいに袴姿でトーストにかぶりついてるイメージ。外で。

後日。焼き目を濃くトーストしてみた~。

こんがり。サクサク。香ばしさが一段と増した~。

ハードトーストのような味わい。フランスパンのような噛みしめる楽しみ。小麦の香ばしい味わいを十二分に楽しめる。

とっても美味しい。

スポンサーリンク