はみでる板チョコデニッシュ【ローソン】の感想

はみでる板チョコデニッシュ【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

はみでる板チョコデニッシュ【ローソン】上から見た図

2020年6月16日発売。新商品。150円。パンのサイズは約8.5cm×8.5cm。

カスタードホイップクリームと、板チョコをサンドしたデニッシュ。

食べてみた感想

はみでる板チョコデニッシュ【ローソン】断面図

ジュワ・ジュワ・ジュ・ワ~。

すっご~い。溢れる油脂感。1枚1枚の層が油脂をまとってる。すっごく香ばしい。まるで揚げたみたい。

ふんわり柔らかい。層と層の間に空気をたっぷりと含んでいる。ほのかな塩味。

カスタードホイップは板チョコをサンド。少なめ。固めの泡だて。タマゴのコクとミルク風味。とろりととろける~。

板チョコは厚め。ほろ苦い。アッサリしてるが、ほろ苦さがチカラ強い。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

はみでる板チョコデニッシュ【ローソン】横から見た図

3.7点。

油脂感たっぷりでギュギュッと香ばしい。油脂がキャラメリゼしたかのような深い味わい。

こ、コレは・・・街のパン屋さんで見かける、人気のクロワッサンっぽい感じ。

カスタードホイップは、少し変わってる。クリームクリームしたふわふわ感はない。コクはあるが軽い。チーズケーキみたい。

本格的なデニッシュがサンドしたのは、大人のデザート。ウットリするようなジョイ・オブ・クリームはないが、洗練された大人の領域。

しかし・・・「はみでる板チョコデニッシュ」とな。

【ローソン】には「はみでるバーガー」というガッツリ系シリーズがある。そのパロディと思いきや・・・。

ちっさ。デニッシュ、ちっさ~。

一応、チョコチョコっとはみ出てはいるケレドモ。はみ出させるために、デニッシュを小さくしたとしか思えん。本末転倒。

そんな「はみ出る・はみ出ないモンダイをスッカリと忘れてしまう。ギャグでもパロディでもない。大人のスイーツバーガー。

とっても美味しい。

熱量351キロカロリー、糖質32.8g。糖質は低め。

原材料

小麦粉、準チョコ、マーガリン、ホイップクリーム、カスタードフラワーペースト、糖類、発酵風味料、バター、パン酵母、卵、食塩、植物油脂/加工デンプン、ソルビット、糊料(加工デンプン、CMC、増粘多糖類)、グリシン、乳化剤、香料、V.C、イーストフード、酢酸Na、酸味料、酸化防止剤(V.E)、カロテノイド色素。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量351キロカロリー、たんぱく質4.7g、脂質21.9g、炭水化物34.8g、 糖質32.8g、食物繊維2.0g、 食塩相当量0.6g。表示値は目安。

スポンサーリンク