マチノパン 発酵クリームのデニッシュ 【ローソン】の感想

マチノパン 発酵クリームのデニッシュ 【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

マチノパン 発酵クリームのデニッシュ 【ローソン】上から見た図

2020年3月3日発売。新商品。150円。パンのサイズは約13cm×7cm。

サワークリームやマスカルポーネが入ったクリームをトッピングしたデニッシュ。

「マチノパン」シリーズの新作。

食べてみた感想

マチノパン 発酵クリームのデニッシュ 【ローソン】断面図

デニッシュは層が幾重にも重なる、サックリ食感。しっとり。くちの中でモロモロと崩れる。

ほのかにバターの香り。シンプルな味。

クリームは固め。歯型が残る、柔らかいチーズみたいな食感。

レアチーズっぽい。チーズの風味は豊かだが、カルピスみたいにスッキリ爽やかすぎる感じ。甘さ控えめ。

トッピングにナパージュ。デニッシュからチーズクリームへとランダムにかかってる。ラップみたいにはがれるゼリー。それほど甘くない。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

マチノパン 発酵クリームのデニッシュ 【ローソン】横から見た図

3.2点。

小さめサイズのカワイイデニッシュ。

デニッシュはバターが香るものの、とてもシンプルな味。チーズクリームで食べるデニッシュ。

こんなにたっぷりチーズクリームが入ってるのに、なんか物足りない。シンプルすぎるのか、スッキリしすぎなのか、甘さ控えめすぎなのか?

発酵バターねぇ。

発酵バターがウリみたいなんだケド、発酵バタードコロか、バターのコクがあんまり感じられないんだヨね~。

そして、フルーツもないのに、ナゼにナパージュ?

特にキレイにも見えない。デニッシュを味わうにはジャマだと思う。粉糖の方がダイレクトな甘さで、よかったんじゃないかな?

上品で上質。アッサリと食べられる。だがしかし、美味しくてデレデレになっちゃうようなパンではない。意識高い系っぽい菓子パン。

熱量273キロカロリー、糖質28.1g。ともに低め。栄養成分に糖質や食物繊維の数値がある。コレってダイエット系?

だとしたら、薄味でヘルシー。だから粉糖より優しい甘さのナパージュにしたのかも。

素材感の感じられる美味しいパンだと思う。食べる時も、そのつもりで食べるしね。すごい手のひら返し。ゴメン。

原材料

発酵クリーム(砂糖、加工油脂、ナチュラルチーズ、脱脂粉乳、サワークリーム、殺菌発酵乳、その他)、小麦粉、ナパージュ(水あめ、砂糖)、発酵バター入りマーガリン、砂糖、ショートニング、卵、ナチュラルチーズ、パン酵母、食塩/糊料(加工デンプン、ペクチン)、pH調整剤、酢酸(Na)、香料、乳化剤、酸味料、イーストフード、乳酸Ca、クエン酸、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンC、チアミン、アナトー色素。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量273キロカロリー、たんぱく質5.0g、脂質15.5g、炭水化物28.7g、 糖質28.1g、食物繊維0.6g、 食塩相当量0.8g。表示値は目安。

スポンサーリンク