マチノパン いちごバターサンド 【ローソン】の感想

マチノパン いちごバターサンド 【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

マチノパン いちごバターサンド 【ローソン】上から見た図

2020年1月14日発売。新商品。150円。パンのサイズは約11.5cm×8cm。

苺の果肉感のある苺バターをサンドした苺パン。パンは苺のフリーズドライと苺果汁を配合。苺バターは苺ジャムとバタースプレッドを配合。

食べてみた感想

マチノパン いちごバターサンド 【ローソン】断面図

パンは・・・エ?

メチャクチャしっとり。ってかべちょべちょ。ふわっふわ。やわらか~い。シフォンケーキみたいにすごく軽い。とろりとしたノド越しのいいパン。

モッチリ。ねっちょり。粘り気のあるおモチっぽい感じもある。

アッサリとしてシンプル。ほんのり香ばしさ。白パンを少々フランスパンっぽくしたような感じ?塩気も感じる。そしてイチゴ味。

いちごバターは・・・甘酸っぱ~~~い。

とろとろ~。苺ジャムがフルーティ。フレッシュなイチゴを潰してイチゴミルクを作ったような感じ。その上バターのコクをプラス。

おいし~~~~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

マチノパン いちごバターサンド 【ローソン】横から見た図

3.5点。

パンはいろんな要素が詰め込まれた複雑なパン。カナリ個性的。個性的すぎて・・・イマイチだと思う。フツーでよかったのに。

ただ、このいちごバターがスゴイ~。

パンは塩が効いててシンプル。いちごバターを存分に味わい尽くせるバランス。

フレッシュなイチゴをくちに含んだような爽快なシャワー感がたまらない。パンはあくまでも脇役。くちの中いっぱいに甘酸っぱいイチゴの美味しさが花開く。

イチゴが美味しい。

フルーツは生のままが好きな私でも、この加工された、いちごバターの美味しさには度肝を抜かれた~。

イチゴの甘酸っぱさ、フレッシュさ、美味しさの全てを感じられるパン。

熱量295キロカロリー、炭水化物45.5g。

原材料

小麦粉、苺ジャム、苺バターフラワーペースト、マーガリン、還元水あめ、パン酵母、糖類、苺シュガーチップ、食塩、苺シロップ、植物油脂、発酵風味料、ライ麦粉、麦芽エキス/ソルビット、加工デンプン、グリシン、糊料(増粘多糖類)、乳化剤、pH調整剤、酢酸Na、酸味料、香料、着色料(クチナシ、紅麹)、イーストフード、乳酸Ca、リン酸Ca、V.C、グリセリンエステル、酵素、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、V.E)。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量295キロカロリー、たんぱく質6.9g、脂質9.5g、炭水化物45.5g、食塩相当量0.9g。表示値は目安。

スポンサーリンク