マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン【ローソン】の感想

マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン【ローソン】上から見た図

2020年2月25日発売。新商品。150円。パンのサイズは約10cm×10cm。

バターを折り込んだ全粒粉入りデニッシュに焦がしバター、練乳などが入ったアメフィリングをトッピング。

「マチノパン」シリーズの新作。

今週も「マチノパン ハッシュタグキャンペーン」開催中。2019年3月2日(月)まで。

食べてみた感想

マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン【ローソン】断面図

薄めの層がフワリ。空気を含んで浮かんでるような、柔らかいデニッシュ。

ジュワ~~~。バター~~~。広がる~~~。

もひとつオマケにジュワジュワジュワ~~~。

たったひとくちでワカル。わかってしまう。

おいし~。

実は、まだ下のデニッシュだけ、ちぎって食っていた~。

恐る恐るアメフィリングごとガブリ。

サクリ。サクサクサクサク。

キャラメリゼが花開いた音がたまらない、止まらない、がまんできない~。

コレだヨ~、コレ、コレ~。

私が望み続けてきたキャラメリゼはコレ!!

いや、チガウ。

私は分厚いアメフィリングが我慢できなかっただけ。ただただ薄い、薄氷のようなアメフィリングを望んでいたのだ。

コイツは全く新しいキャラメリゼ。

アメフィリングをかき氷機で粉砕。まるで高級かき氷屋さんみたいに、ふんわりと固め上げたかのようじゃァないか~(注:私は高級かき氷なんて食べたコトはないが)。

素晴らしいサクサク。なのに素晴らしく繊細。当然ながら。

甘い。あま~い!!

叫びたくなるような甘さ。バターのコクと練乳の豊かな甘み。コレほどの甘みにも、甘ったるさは感じない。上品さをキープした甘み。

ヤバい。美味しすぎて、ヤバい~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン【ローソン】横から見た図

4.1点。

「クイニーアマン」とはフランス、ブルターニュ地方の伝統的なお菓子。

日本でも人気。街角のパン屋さんで、コンビニで、至るトコロでよく見かけるような気がする。

ただ、私自身はウマく理解できずにいた感じがあった。しかし。

今日、カンペキに理解した~。「クイニーアマン」とはこーゆーお菓子、あるいはパンだったのか~。

ふわりと膨らんだデニッシュのスキマから洪水のように溢れ出るバター。繊細なキャラメリゼは、ただ甘いだけではない。

バターと練乳の豊かな風味がたまらない。バタースカッチのようなキャラメリゼ。このキャラメリゼで日本はフランスの「クイニーアマン」を凌駕したぞ~。

ごくほのかに漂う塩味。

ウマすぎ。

とろけるようなバターの美味しさを、コレでもかと、ふんだんに伝えるパン。【ローソン】様にひれ伏すしかない~。

熱量334キロカロリー、炭水化物29.0g。マジで?この炭水化物マジで?

もう【ローソン】に駆け込むしかないな。【ローソン】はダイエット中の人の駆け込み寺だな。

原材料

小麦粉、バター、糖類、小麦全粒粉、卵、加糖練乳、食塩、ショートニング、パン酵母、発酵風味料、脱脂濃縮乳、バターオイル、デキストリン/乳化剤、イーストフード、V.C。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量334キロカロリー、たんぱく質4.8g、脂質22.1g、炭水化物29.0g、食塩相当量0.9g。表示値は目安。

スポンサーリンク