ペピット・ド・ショコラ チョコチップ&カスタードデニッシュ【ローソン】の感想

ペピット・ド・ショコラ チョコチップ&カスタードデニッシュ【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ペピット・ド・ショコラ チョコチップ&カスタードデニッシュ【ローソン】上

2022年4月19日発売。新商品。160円。パンのサイズは、約15.5cm×5.5cm。

チョコチップとカスタードを、サンドしたデニッシュ。フランスの菓子パン。平べったい、長方形のカタチが、特徴。

食べてみた感想

ペピット・ド・ショコラ チョコチップ&カスタードデニッシュ【ローソン】断面

デニッシュは、層が、ギッシリ重なっている。しっとり。ジュワ~ッ。上部も、底も、油脂感、たっぷり。

トッピングに、砂糖。割りと、たっぷりめ。

チョコチップが、ギッシリ。板チョコのように、並んでる。濃厚なチョコ。カナリ、ほろ苦い。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ペピット・ド・ショコラ チョコチップ&カスタードデニッシュ【ローソン】斜め

3.4点。

「ペピット」。以前、【セブン】サンからも、出てましたが・・・まだまだ、日本では、聞き慣れないパンです~。

私が、初めて食べたのは、街のパン屋さん。1回きりですが。

「フランスのクリームパン」という説明だったんですが・・・【セブン】のは、チョコチップばかりが、多かったんです~。

そして、満を持しての、【ローソン】・・・もっと、チョコチップだらけじゃァないですか~?

カスタード、ドコ?

コリコリとした、チョコチップのスキマから・・・かすかに、とろ~り、感じるカスタード。

パカッ。

パンを開けてみると・・・テラテラと、バターのような、油脂感のあるモノが、見えます。「塗ってある」という量ですが、変化を感じる味になっております~。

それにしても・・・コレで、2対1。「ペピット」って、チョコパンの可能性、出てきちゃったんでしょーか?

教えて・・・【ファミマ】さ~ん。

ガツンと来る、キョーレツなチョコ風味。チョコ好きのためのパンだと思いますが・・・【ローソン】の「ペピット」は、ひと味、違いますヨ~。

デニッシュなんですが・・・表面は、油脂感、たっぷり、吸い込んじゃってます~。まるで、デニッシュを、揚げてるみたいなんですヨ~。

トッピングの砂糖も、たっぷり、油を吸っちゃって・・・しっとり、ジュワワ。揚げパンみたいな、デニッシュ。

オシャレなフランスのパンなのに・・・ミョーに懐かしい、馴染みのある、おいしさ。

「ペピット」とは、フランス語では、「金塊」というイミだそうです。オシャレな響きとは、ウラハラ。生々しいですね~。

しかし、日本にも、小判型のケーキがあるので・・・オアイコかも。人類の発想って、似通ってるんでしょーか?

ハーイ、金の延べ棒、たくさん、焼き上がりましたヨ~。あ~、コレが、ホンモノだったらなぁ・・・なんて会話が、フランスのアチコチで、あるような、ないような。

サクサク砂糖と、コリコリ、チョコチップの奏でる、ハーモニー。とっても、おいしかったです~。

熱量339キロカロリー、糖質34.8グラム。

原材料

小麦粉(国内製造)、チョコレート、バター、糖類、カスタードフラワーペースト、マーガリン、パン酵母、発酵風味料、卵、食塩、麦芽エキス/加工デンプン、ソルビット、グリシン、乳化剤、香料、増粘多糖類、イーストフード、リン酸塩(Na)、酸味料、V.C、カロテノイド色素。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量339キロカロリー、たんぱく質4.9g、脂質19.5g、炭水化物36.9g、 糖質34.8g、食物繊維2.1g、 食塩相当量0.5g。表示値は、目安。

スポンサーリンク