ブラックロール コーヒー&ホイップ【Pasco】の感想

ブラックロール コーヒー&ホイップ【Pasco】パッケージ

 

目次

スポンサーリンク

商品説明

ブラックロール コーヒー&ホイップ【Pasco】上から見た図

2020年11月発売。新商品。購入価格129円。パンのサイズは、約21cm×7cm。

コーヒーゼリーと、ミルクホイップクリームをサンドした、コーヒー味のシューロール。

食べてみた感想

ブラックロール コーヒー&ホイップ【Pasco】断面図

パンは、ふんわり。ふわふわではない。水分も少なめ。ほのかにブリオッシュ。いつもの「シューロール」に比べたら、ブリオッシュ感は、少なめ。

シュー皮は、真っ黒。皮っぽいトコは、いつも通り。「ブラックココアかな」と思ったケド・・・あんまり味がしない。よくワカラナイ。

コーヒーゼリーは、とろとろ~。ほろ苦い。コーヒーのコク。ぷるんとしたゼリー感はあるが、クリームみたいな感じ。

ミルクホイップクリームは、ふわふわ。ミルク風味。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ブラックロール コーヒー&ホイップ【Pasco】横から見た図

3.5点。

今年も、出てきましたネ~。

ブラックフライデーに、ちなんだ菓子パン。今年のブラックフライデーは、2020年11月27日(金)。

いつもは、ギリギリに発見。今年は、早いナ。やっと、出遅れず、準備できそうデス~。

漆黒のシューが印象的。かくも真っ黒ケなのに、味がしないとは、なんぞや?

デモ、いいのだ~。

コーヒーゼリーがたっぷり。飲めそうなぐらい、とろっとろ~。とろりとしたコーヒーのコクが、甘苦い。

この「甘苦い」ってトコ、重要。

フツーのコーヒーゼリーは、私には苦すぎ。常に、避けるスイーツ。こんなにも、甘みと苦みのバランスが取れた、スイーツっぽい味なら、安心。

甘苦いコーヒーに、ミルクホイップが、かぶさってくる。苦いコーヒーとミルク。カフェオレでは味わえない、ウインナコーヒー。

おいし~。

菓子パンに入ったコーヒーゼリーには、目がない。しかも、こんなにたっぷり。夢のようじゃァないか~。

ブラックフライデーのキセキかもしれない。

エネルギー376キロカロリー、炭水化物51.2g。炭水化物、高め。

原材料

小麦粉(国内製造)、ミルクホイップクリーム、コーヒーゼリー、卵、ショートニング、糖類、パン酵母、でんぷん、植物油脂、ココア、食塩、加工油脂、ホエイパウダー、コーヒー、デキストリン、水あめ、コーヒーソース/ソルビトール、加工デンプン、乳化剤、セルロース、安定剤(加工デンプン)、酢酸Na、膨脹剤、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、カゼインNa、イーストフード、メタリン酸Na、着色料(カラメル、カロチン、ビタミンB2)、酸味料、増粘剤(ジェランガム)、ビタミンC。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

卵・小麦・乳成分・大豆。

栄養成分

エネルギー376キロカロリー、たんぱく質6.6g、脂質16.1g、炭水化物51.2g、食塩相当量0.7g。表示値は目安。

スポンサーリンク