ショコラロール【Pasco】の感想

ショコラロール【Pasco】パッケージ写真

スポンサーリンク

 

商品説明

2018年12月発売。新商品。116円。パンのサイズは約10cm×10cm。

チョコを入れて巻いたチョコロール。トッピングにスライスアーモンド。

ショコラロール【Pasco】上から見た図

ショコラロール【Pasco】横から見た図

ショコラロール【Pasco】中身はこんな感じ

食べてみた感想

パン生地はサックリ。固めの層。噛みごたえもある。なにかの皮みたいな食感。しっとり。ほろ苦いチョコ風味。

間のチョコはとろりと溶けてるような感じ。チョコクリームと溶けたチョコの間みたいな感じ。

甘さ控えめ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.1点。

シンプル。美味しい。

冬になるとチョコ、チョコ、チョコ~。チョコだらけ~。でも・・・・飽きてきた~。

個人的な事情でごめん。

マジでなんとも思わなくなってきた~。3種類のチョコを使用しても「あっそ」でオワル最近。【ローソン】のゴディバシリーズも全然食べたいと思わんし・・・。

やはり私の3種の神器はコーヒーとキャラメルとピスタチオだな。あ、練乳も忘れるなだな。

ティータイムのお供としても美味しい。だがロールならやはりフォンダンは欲しいトコロ。フォンダンがあれば劇的に美味しかったハズ。スライスアーモンドはショボすぎ。

チョコ風味を楽しむパン。あまり甘くないのでヘルシーだといいなと思いつつ裏面をチェック。

残念。カロリー、炭水化物ともに菓子パンとしては普通。低くない。

お気に入りのチェックのパイシリーズ。勝手にそう呼んでいる。脳内ではピクニック気分。チェックのテーブルクロスを敷いてパクリ。初めて少々ガッカリめに感じてしまった。

美味しいコトは美味しいよ!!手がベタベタになるので注意してね~。

原材料

小麦粉、チョコレートフラワーペースト、ファットスプレッド、準チョコレート、糖類、ココア、パン酵母、卵、マーガリン、乳等を主要原料とする食品、アーモンド、食塩、加工油脂/加工デンプン、香料、乳化剤、着色料(カカオ、カロチン)、グリシン、酢酸Na、塩化マグネシウム含有物、保存料(ソルビン酸)、増粘多糖類、イーストフード、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンC。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

卵・小麦・乳成分・大豆。

栄養成分表示

エネルギー379キロカロリー、たんぱく質6.3g、脂質18.9g、炭水化物45.8g、食塩相当量0.8g。表示値は目安。

スポンサーリンク