イングリッシュマフィン【パスコ】2種の感想

エッグベネディクトで人気のイングリッシュマフィン。日本のイングリッシュマフィンの歴史は意外と長い。最初はやはり朝マック。ところがどっこい【パスコ】の方が先だったんだ~。

パスコの最初は1969年。フタなしの箱に4個並べて販売。外国の人には好評を博すも日本人の認知度は低かった。そして苦節10年。1978年今みたいなパッケージにリニューアル。

1979年エッグマックマフィン登場。【パスコ】の人たち大騒ぎだったろーな。スグに家庭に浸透したかどうかは定かでない。少なくともウチで食べ始めたのは5年以上経ってからだったような。

そして今。パスコのイングリッシュマフィンは4種類。超熟、麦のめぐみ全粒粉入り、ライ麦入り、4種のナッツ。選択には迷うトコロ。特に迷いやすい麦のめぐみ全粒粉入りとライ麦入りを食べてみた~。

スポンサーリンク

 

麦のめぐみ全粒粉入りイングリッシュマフィン

パスコ麦のめぐみ全粒粉イングリッシュマフィン

181円。4個入り。1個当り152キロカロリー。

パスコ麦のめぐみ全粒粉入りイングリッシュマフィン

焼けにくい。焼き色中でトースト。全然だった。

焼き色濃+250度で2分。こんがリングができた~。こんがリング=フチ一周にこんがりついた焦げ目。byパスコ。

今までの食べ方はサンド一択。初めてトーストで食べてみた~。

表面カリッ。いい音~。サクサク香ばしい。

中は固め。パン生地は繊維質が多くギッシリ。小麦の香りも風味も強い。小麦そのものを食べているような迫力。サスガの全粒粉。小麦とライ麦の全粒粉使用。

モッチリ。噛みごたえある。柔らかめのせんべいっぽい食感。モッチリさはライ麦入りに比べてスッキリめ。

シンプルなトースト美味しい~。デコボコな表面に雪解けのように溶けてゆくバター。甘いジャムも美味しー。ウチは今りんごジャム。アップルパイみたいになる~。

イングリッシュマフィンライ麦入り

パスコイングリッシュマフィンライ麦入り

181円。4個入り。148キロカロリー。

パスコイングリッシュマフィンライ麦入り皿盛り

麦のめぐみ全粒粉入りと同じ焼き方。

表面サクサク。中は柔らかい。

すごくモッチリ。噛みごたえある。甘みも感じる。

ライ麦のプチプチとした食感が楽しめる。ライ麦粒ごと使用。にもかかわらず系列で言えば白パン系。世界に名だたる日本の白パン。世界の潮流は全粒粉パン。健康オタクなアメリカ人も日本の白パンにはウットリ。クールジャパンばんざい。

白パンの美味しさそのままでライ麦の風味をプラス。モッチリでサクサク。本当に美味しい。

スポンサーリンク