シュクレーヌ ミルク【パスコ】の感想

6月 13, 2018

シュクレーヌ ミルク【パスコ】

スポンサーリンク

 

商品説明

2018年6月発売。新商品。購入価格108円。

加糖練乳とバター入りマーガリンを混ぜたクリームを包んだパン。

原材料

小麦粉、糖類、バター入りマーガリン、卵、マーガリン、加糖れん乳、ファットスプレッド、パン酵母、食塩/乳化剤、香料、酢酸Na、加工デンプン、イーストフード、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クエン酸、ビタミンC、着色料(カロチノイド)。

アレルギー物質

卵、小麦、乳成分、大豆。

栄養成分表示

エネルギー343キロカロリー、たんぱく質5.0g、脂質18.5g、炭水化物39.2g、食塩相当量0.5g。表示値は目安。

シュクレーヌ ミルク【パスコ】皿盛り

シュクレーヌ ミルク【パスコ】横

シュクレーヌ ミルク【パスコ】中身

食べてみた感想

口の中に広がる至福の甘み~。

トッピングは柔らかいフォンダン。とろりとしてねっとり。そして砂糖のジャリジャリ。バタークリームのような練乳クリームのような感じ。

かなり甘め。だが美味しい。砂糖のスイートな美味しさを胸いっぱいに吸いこむ。

パンはふわふわ。柔らかい。しっとり。ブリオッシュっぽい。ケーキみたいな生地。

底の方にもクリーム。トッピングのクリームと同じような感じ。上からも下からもジュワ~ッとバター入りマーガリンが滲み出てくる~。サンドイッチにされ攻め立てられてるようなウレシイ悲鳴~。

想像してみてほしい。シナモンロールのトッピングのフォンダン。ソレが中からも溢れ出してくる天国っぷりを~。

甘すぎるのか?いや程よい。フォンダン様のお通りだぞ。もはや誰も砂糖のスイートさをディスるコトはできない。

めっちゃくちゃ美味しい!!

フォンダンのトキメク甘さを優しく包み込むパン。シナモンロールのようなデニッシュと違ってしつこくない。アッサリとして美味しい。バランスよくフォンダンをサポート。

シュクレーヌ

シュクレーヌってナニ?

・・・・・・エッ?砂糖?フランスのお菓子かと思ってた~。

パールエースのブランド砂糖。極微粒グラニュ糖。

砂糖の中で最も純度が高く、さらにきめ細かくした最高級の手作り砂糖。コレまでの砂糖のイメージをさわやかに一新する逸品らしい。

「シュクレーヌ」はフランス語の「SUCRE A LA REINE」(女王様のお砂糖)から名付けたそうだ。

スゲーッ!!!

このパンに「シュクレーヌ」が使用されているかどうかは不明。だがフィーチャリング砂糖。砂糖の甘みを存分に味わうためのパンだというコトは十分に伝わってきた~。

マリー・アントワネットの気分で味わう。みんなでケーキを食べましょ~。

シュクレーヌの情報はコチラのサイトより引用&抜粋。

| パールエース | 商品情報(家庭用) | シュクレーヌ | シュクレーヌとは?

スポンサーリンク