神戸のオシャレな南仏風パン屋さん【プラス ドゥ パスト】の感想

5月 20, 2019

【プラス ドゥ パスト】ブラウニー横から見た図

以前テレビ番組で見て気になっていたお店。トコロがシェフがおケガをされたそうで閉店中とのコト(テレビ番組のサイトの情報)。いつの間にか開店していたので行ってみるコトに。

スポンサーリンク

 

店舗情報

  • 兵庫県神戸市中央区橘通3-1-1 西門ビル1F
  • 078-371-3403
  • 営業時間 8:30~20:00
  • 定休日 月曜日

上記の店舗情報は下記のサイトを参考。

Place de Pasto (プラス ドゥ パスト) | パン好きのポータルサイト「PANPOTA!(パンポタ)」

神戸高速鉄道「高速神戸」駅から地上に出て北へ。湊川神社の西側。駅からスグ。あまりに呆気なく着いてしまった~。

食パンのイラストの看板がお出迎え。遠くからも見えたので迷うコトなし。

淡いライトブルーを基調にしたガラス張りのお店。店頭にもパンが並ぶ。マルシェっぽいイメージ。外だがビニール袋に入ってるので安心。

南仏がコンセプト。店内に入ると大きなショーウインドウのようなガラスケースが印象的。洋惣菜やらクレームブリュレなどが並ぶ。外国のデリカテッセンのようだ。こじんまりとしたスペースながらイートインスペースもある。

平日の12時すぎに訪問。イートインスペースにはお二人。混んでるというワケではないが、ひっきりなしにお客は入ってくる感じ。

パンの種類

パンの種類は多くはない。午前中に訪問できなかったので、そのせいかもしれない。

商品説明に「本日のオススメ」というワードが多い。どーゆーイミ?本日だけ?シェフの気まぐれ的な決定?

まいいや。やたら多い。やはり自分で決めよう。

上記の「パンポタ」によると、「フーガスオリーブ」と「ブラウニー」、「自家製田舎風パテのサンドイッチ」がおすすめ商品らしい。

「フーガスオリーブ」はデカめのシンプルそうなパン。グリーンオリーブ入り。「オヤツにどうぞ」と書いてある。オヤツと言えばスイーツ系しか考えられない。やはり南仏とは感覚がチガウのかな?

見た目に惹かれたのは「栗と桃とナッツのタルト」(タイトル不正確)。ぺちゃんこのタルト生地に栗や桃がキレイに盛り付けられてる。だがあまりにぺちゃんこすぎて不安。

サンドイッチ類は割と豊富。高いので迷ったが、せっかくだからオススメを購入。

最後に食パンは・・・キョロキョロ。あった~。ガラスケースにミニサイズの角食。お店の人に聞くと予約商品だそうだ~。残念。やはり午前中に来るべきだった~。

クロワッサン

【プラス ドゥ パスト】クロワッサン上から見た図

180円。パンのサイズは約12cm×9.5cm。1番人気だそうです。

【プラス ドゥ パスト】クロワッサン横から見た図

【プラス ドゥ パスト】クロワッサン断面図

小さめ。厚みがあまりない。割とぺちゃんこ。持ち帰りのせいかな?

バターが香る。厚めの層がくるくる。バター色。ふんわり柔らかい。

表面はパリパリのトコもある。パリパリだったりジャリジャリだったり。

しっとり。豊潤なバターの風味。油分がジュワ~ッ。バターの旨みを感じるがしつこくはない。スッキリとした味。

美味しい。

キッシュロレーヌ

【プラス ドゥ パスト】キッシュロレーヌ上から見た図

300円。パンのサイズは約9cm×5.5cm。

チーズとベーコンと玉ねぎの入ったキッシュロレーヌ(だったと思う)。お店のスペシャリテ。

【プラス ドゥ パスト】キッシュロレーヌ横から見た図

【プラス ドゥ パスト】キッシュロレーヌ断面図

カナリ小さめだと思う。お店に並んでた時は沢山あったので気が付かなかった~。

タルト生地はサクサク。厚めの層を重ねたパイっぽい。こんがり。香ばしい。ビスケットのような風味と食感。

フィリングはしっとり。・・・厚焼き玉子? 味付けは洋風だが、厚焼き玉子っぽい。塩の効いたなめらかな食感。玉ねぎの食感はわからなかった~。

底の方に白いチーズ。少なめ。柔らかい。酸味はあるが、とてもミルクっぽいスッキリとした風味。クリームチーズっぽいが、もっとフレッシュ。できたてチーズのような感じ。

ごく小さめのベーコンがチラホラ。

美味しいがフツーのキッシュとイメージがチガウ。クリーミィさが少なめ。サクサクのタルト生地に厚焼き玉子みたいなフィリング。チーズのフレッシュさが光る。

自家製田舎風パテのサンドイッチ

【プラス ドゥ パスト】自家製田舎風パテのサンドイッチ上から見た図

500円。パンのサイズは約11cm×8cm。

きめ細やかな国産の芳寿豚を使用した手作りパテjをサンド。イチオシ商品らしい。

【プラス ドゥ パスト】自家製田舎風パテのサンドイッチ横から見た図

【プラス ドゥ パスト】自家製田舎風パテのサンドイッチ断面図

横から見ると思ったよりパテが小さめ。だが分厚くボリューミーではある。

小麦の風味。とても香ばしい。パンはふんわり柔らかい。モッチリ。皮もすっごくモッチリ。噛みちぎるのが楽しい。

サニーレタス、紫キャベツのザワークラウト、自家製パテ、ミニきゅうりのピクルスをサンド。

パテは柔らかい。肉感たっぷり。複雑な味。スパイスかな?しっかりとした塩味。深みのある味わい。粒マスタード付き。

紫キャベツはしっとり。酸味が強いが、パテとすごく合う。一緒に食べるとすごく美味しい。

きゅうりは丸ママ。ぽっくりとした食感。酸味もマイルド。きゅうりと紫キャベツ。味と食感の変化を楽しめる。

美味しい。シンプル。素材を味わう感じ。

ブラウニー

【プラス ドゥ パスト】ブラウニー上から見た図

350円。サイズは約8.5cm×8cm。

クルミとピーカンナッツ入りブラウニー。ベルギー産チョコレート使用。【プラス ドゥ パスト】の定番焼き菓子。

【プラス ドゥ パスト】ブラウニー断面図

サックリとした表面からのしっとりとしたケーキへ。ギッシリとした生地だが柔らかい。ホロッと崩れる。もっとねっとりとした食感かと思ったが、ガトーショコラのようなチョコケーキ。ケーキだったハズなのに舌の上で生チョコのようにとろける~。濃厚なチョコ風味。

ナッツがたっぷり。ザックザク~。どこを食べても顔を出す。飽きるコトがない。おおきなクルミと小さいピーカンナッツかな?

とっても美味しい。ほろ苦い。甘さ控えめ。チョコを楽しむ大人のブラウニー。ただしカナリおナカにこたえるボリューム。4つぐらいにシェアしてもいいかもしれない。

ハードトースト

【プラス ドゥ パスト】ハードトースト2斤

420円。食パンのサイズは約9cm×13cm(高さ)×18cm。

ハード系の食パン。ハードトーストというタイトルだったかはよく憶えてない。ごめんなさい。

【プラス ドゥ パスト】ハードトーストスライス

香ばしい。小麦のワイルドな香りに包まれる。これぞフランスパンという香り。

まずは生食。

ふわっふわ~。やわらか~い。しっとり。なんじゃコレ~。本当にハードトーストなのか~?

トップのミミがモッチリ。すごく美味しい。横や底のミミもすごく美味しい。焼く前からビスケットみたい~。

ふわふわしっとりモッチリの食感の上にバターかジャムのように小麦の旨みをのせてる~。美味しすぎる。止まらない~。

トースト。焼きすぎた~?

サクサク。端っこを焼いたので表面以外全部ミミ。バリバリ。少しせんべいっぽくなっちゃった~。

中はふんわり。しっとり。

カンペキにフランスパン。小麦の香りをフンガーと吸い込みながらバリバリ食い尽くす感じ。

もう片方の端っこはちゃんと焼けた~。端っこのミミも繊細な食感。すごく美味しい。

端っこじゃないトコをトースト。

サクサクのハードな食感からのふわふわ~。柔らかさに感動。ナニコレ~?天使の羽根?

軽やかすぎる食感。流行りの食パン専門店の生クリーム食パンとは食感が全然チガウ(食パン専門店のはソレとしてとても美味しいのだが。)クリームのもったりとした感じがなく粒子が細かい。空気のように軽い。

直球すぎる食パン。ズドンと真っ直ぐストレートに胸に打ち込んでくる。

シンプルでアッサリ。だが美味しい。コレが小麦の持つチカラなのかと思ってしまう。

感想

オシャレなお店に違わずクオリティの高いパンたち。パンの種類が少なめ。選択の余地があまりなかったのは残念だったが、人気店の宿命かもしれない。

やはり気になるのは食パン。マボロシの角食。こんがりとカステラ色っぽく焼けてる感じだった。ブリオッシュ食パンみたいにも見えたんだよね~。わからないケド。

クレームブリュレやブラウニー、サンドイッチなど。とてもオシャレでハイセンスな感じ。だがよく見るとフランスの伝統的なメニューが多い気がする。フランスじゃ気軽に立ち寄れるカフェ的な感じなのかもしれない。

食パンのリベンジも含めて、またふらっと立ち寄ってみたい。

スポンサーリンク