アップルカスタードビスケ【ヤマザキ】の感想

アップルカスタードビスケ【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

アップルカスタードビスケ【ヤマザキ】上

2021年12月発売。新商品。購入価格140円。パンのサイズは、約14.8cm×10.5cm。

ブリオッシュ生地のクリームパンに、カステラ風ケーキ生地を、トッピング。

食べてみた感想

アップルカスタードビスケ【ヤマザキ】断面

パンは、モッチリ。あんまり、ふんわりは、していない。バターっぽいフンイキは、出してるんですが・・・マーガリンですか~。そ~ですか~。

カステラ風ケーキは、モッチリ。ぶ厚い。甘く香ばしい。タマゴ風味。

ブリオッシュと、カステラ風ケーキは、味が、少々、かぶってる感じ。

リンゴは・・・ヒエッ。ちっさッ。

袋パンのリンゴって、こんなに、小さかったっけ?

コロコロのキューブ型。だが、サイコロより小さい。甘酸っぱい。噛みしめると、果汁が出てくる。

カスタードも少なめ。タマゴ風味。なめらかなタイプじゃなくて・・・モロモロッとした、オムレツ風。

リベイク推奨。ひと手間で、おいしさアップだそうです。

うわ~、カステラ風ケーキ、サクサク~。香ばし~~。

パンも、スッゴク、軽くなった~。

表面のカステラ風ケーキも、サクッとしてる~。サクッからの、ふわふわ~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

アップルカスタードビスケ【ヤマザキ】斜め

3.3点。

たい焼きの型のようなカタチ、ってか、クリームパンの型?

いわゆる、ぼうしパン的なヤツ。高知県のご当地パン。

うほほーい。

ぼうしパンのツバに当たる、カステラ風ケーキのトコが、いっぱい、アルヨ~。

喜びも、つかの間・・・そ~だった~。カステラ風ケーキのトコが多いってコトは・・・クリームパンが、小さいってコトだヨォォォォォォ~。

ナンチャッテ。実は、食べ終わって、パッケージ説明を読むまで・・・クリームパンだって、気づいてませんでした~。

コレが、クリームパンかぁ。クリーム、少な~い。

デモ、まぁ、カスタードと、リンゴです。アップルパイのフィリングだと思えば、いいかも。それに、ココまで、ぶ厚いと、やはり、主役は、カステラ風ケーキでしょうしね。

リベイクした方が、ずっと、おいしいです~。もう劇的な変化ですヨ~。

サクふわの食感が、アップしただけじゃないんですヨ~。カステラ風ケーキのタマゴ感も、ぐぐ~んと、アップ~。リンゴの甘酸っぱさも、引き立ってます~。

以前は、温めないと、おいしくないパンを、否定してましたが・・・今は、リベイクにメロメロ~。

もともとアル、焼き立てのおいしさに、戻しただけ。この、おいしさが、ホンモノのハズ。

それにしても・・・温めないと、ちっさいコトが、目についちゃうんですヨ~。リンゴの小ささとか。

温かいと、ま~ったく、気になりませんヨ~。

リンゴの酸味が、スキッと来て、とろとろ~。カスタードと、まみれて、まるで、アツアツのリンゴ・グラタンのようです。

「アップルパイのような、クリームパンを、どっぷり、カステラで包んじゃいました~」的な、盛り沢山な菓子パン。

とっても、おいしかったです~。

熱量376キロカロリー、炭水化物54.3グラム。炭水化物、高め。

原材料

小麦粉(国内製造)、糖類、カスタードフラワーペースト、全卵、りんごシロップ漬け、ショートニング、マーガリン、卵黄粉、パン酵母、脱脂粉乳、食塩、全卵粉、発酵風味料、粉末油脂、植物油脂、麦芽エキス、ライ麦粉、麦芽粉末/加工デンプン、香料、グリシン、乳化剤、増粘多糖類、酸味料、保存料(ソルビン酸)、乳酸Ca、イーストフード、pH調整剤、酸化防止剤(V.C)、着色料(カロテノイド、V.B2)、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・りんご。

栄養成分

熱量376キロカロリー、たんぱく質7.2g、脂質14.4g、炭水化物54.3g、食塩相当量0.4g。表示値は、目安。

スポンサーリンク