ボンボローニ(カスタード)【ヤマザキ】の感想

ボンボローニ(カスタード)【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ボンボローニ(カスタード)【ヤマザキ】上

2022年7月発売。新商品。購入価格127円。パンのサイズは、約9.5cm×8.5cm。

カスタードクリーム入り、ボンボローニ。

「ボンボローニ」とは、イタリアの、定番スイーツ。砂糖をまぶした、揚げパンに、クリームを詰めたモノ。

食べてみた感想

ボンボローニ(カスタード)【ヤマザキ】断面

ドーナツ生地は、ふわふわ。きめ細やか。しっとりとした、油脂感。

カスタードクリームは・・・片寄ってます~。片側は、「クリーム、全然、ナシ」、もう片側は、「クリーム、たっぷり」・・・という構造。

とろとろ。なめらか。タマゴ風味は、濃厚なんだが・・・なんかなぁ~。

ねっとり、モッタリ、シツコイ感じ。小麦粉っぽいのかナ?

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ボンボローニ(カスタード)【ヤマザキ】斜め

2.7点。

キマシタ、キマシタ、今月は、「ボンボローニ」ですヨ~。

先月は、「トロペジェンヌ」、今月は、「ボンボローニ」、来月は?・・・もう、ドンドン、行っちゃって、いただきた~い。

今月の【ヤマザキ】サンは・・・チルドスイーツからも、「ボンボローニ」、出してますからね。猛プッシュで、ゴザイマ~ス。

ただ・・・恐れていたコトが、起こってしまいました~。

こ、コレは・・・タダの、クリームドーナツじゃァないですか~~~?

ドーナツ生地は、袋パンに、よくあるタイプ。わずかに、バターっぽいような油脂感(バターは、入ってません)やら、タマゴ風味を感じる・・・申し訳程度のブリオッシュという感じ。

・・・・カスタードは、もっと、イケナイ。

ゆるめの、ソースみたいなタイプなのに・・・・「ウッ」と来るし、濃いタマゴが、逆に、鼻に付く。おかしな調味料、入れられてる気分。

・・・う~ん。コレは、少々、アレかも。タダの、クリームドーナツだとしても・・・ショボめ。

表面の粉糖も、甘くて・・・なんか、ヤダ。余計、ショボく感じちゃう。

シンプルすぎるスイーツだけに・・・キレイに再現するのは、少々、ムズカシイのかも?

いやいやいや、私は、俄然、張り切っちゃいましたヨ~。なんとしても、おいしい「ボンボローニ」を、探したい。クリーム好きの名にかけて。

「マリトッツォの次に来ると言われてる、大注目のスイーツ。ドンドン、食べ続け、最後には、感動にむせび泣く・・・というのが、今年の夏の予定。

熱量328キロカロリー、炭水化物33.5グラム。

クリームたっぷりボンボローニ(北海道産生クリーム使用)【ヤマザキ】の感想

原材料

カスタードフラワーペースト(水あめ、植物油脂、砂糖、牛乳、加糖卵黄、卵、全粉乳、でん粉、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、卵加工品、寒天、洋酒、食塩、バニラシード、小麦粉)(国内製造)、小麦粉、ショートニング、砂糖、粉糖、マーガリン、植物油脂、卵、ぶどう糖、パン酵母、乳化油脂、食塩、発酵風味料/トレハロース、加工デンプン、グリシン、膨脹剤、乳化剤、pH調整剤、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸K)、香料、増粘多糖類、イーストフード、甘味料(ステビア)、酸化防止剤(V.E)、グリセリンエステル、カロテノイド色素、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量328キロカロリー、たんぱく質5.4g、脂質19.2g、炭水化物33.5g、食塩相当量0.6g。表示値は、目安。

スポンサーリンク