チョコゴールド【ヤマザキ】の感想

チョコゴールド【ヤマザキ】パッケージ

スポンサーリンク

ゴールドシリーズ

こだわりの素材と、ミニサイズが、コンセプト。

少数世帯の増加や、シニア層の拡大に伴い、高級志向と、手軽に食べられる小さめサイズを、コンセプトに開発。

思惑通り。50代以上を中心に「美味しいモノを、ちょうどよいサイズで食べられる」と好評だった模様。

はぁナルホド。

「どんだけ少食なんだよッ」と思ってたが、そーゆーコトか。

そして「チョコゴールド」発売により、若年層をも取り込む。

はぁナルホド。

世界は全て【ヤマザキ】の手のひらの中か。

今のトコ、4種類(2020年9月)。

  1. レーズンゴールド
  2. くるみゴールド
  3. チーズゴールド
  4. チョコゴールド
くるみゴールド【ヤマザキ】の感想
ゴールドシリーズの新作、ローストしたカリフォルニア産のくるみを練り込んだ食パン。2018年11月新発売のくるみゴールド【ヤマザキ】をレビューします。
チーズゴールド【ヤマザキ】の感想
高級な素材をふんだんに使用したミニ食パンとして大人気の「ゴールド」シリーズの新作。2019年8月新発売、チーズゴールド【ヤマザキ】をレビューします。

商品説明

チョコゴールド【ヤマザキ】上から見た図

3枚入り。購入価格149円。

チョコを練り込んだ生地に、チョコチップを入れた食パン。

食べてみた感想

チョコゴールド【ヤマザキ】斜めから見た図

まずは生食。

既に、チョコチップが、やわらか~い。

夏の暑さのせいかな?

濃厚なチョコ風味。こんな濃厚なチョコトースト、見たコトない。ほろ苦い。そして、さらに苦みの効いたチョコチップ。

完全に大人の味わい。まるでガトーショコラ。

ふんわり柔らかい。しっとり。ミミは、コッペパンの皮のように柔らかい。ミミが薄いトコも、スイーツ的。

軽くトースト。

焦げたチョコの香りが、香ばしい。

ゼッタイ美味しいヤツ。焼きチョコだぁ~。

サクサク~。ミミもサクサク~。軽やかな食感。

中はふんわり柔らかい。しっとり。生食より軽やか。

チョコチップが、とろ~り。溶け出すワ、濃厚に香るワ。生食より、グッと多くなったように感じる~。存在感マックス~。どこを食べても、チョコチップが顔を出す。

くちの中いっぱいに広がる、チョコ風味にウットリ。食パンだというコトを、完全に忘れてた~。新感覚スイーツ~。

めっちゃ、おいし~!!!

生食も美味しい。だがやはりトーストは絶品。食パンは、トーストしてこそ、食パン。こんなにチョコ尽くしの食パンでも、そう感じさせてくれる~。

何もつける必要なし。チョコに敬意を表して、シンプルに食べるのもよし。

個人的には、メロンとヨーグルトで、メロントースト。ホイップがあればフルーツサンドも美味しいだろ~。

ミニ食パンなので、コスパはイマイチ。ホテルの朝食のようなプチ贅沢に最適。

1枚当りの熱量の目安・・・144キロカロリー。

原材料

小麦粉、準チョコ、糖類、マーガリン、パン酵母、加糖練乳、食塩、植物性たん白、発酵種、バター、植物油脂、乳化剤、香料、イーストフード、V.C。

アレルギー物質

乳成分、小麦、大豆。

栄養成分表示(100g当り)

熱量342キロカロリー、たんぱく質8.8g、脂質13.6g、炭水化物46.2g、ナトリウム310mg、食塩相当量0.8g。