コーヒーロシアパン【ヤマザキ】の感想

コーヒーロシアパン【ヤマザキ】

スーパー店頭価格116円。383キロカロリー。

コーヒーロシアパン【ヤマザキ】皿盛り

コーヒーロシアパン【ヤマザキ】横

コーヒーロシアパン【ヤマザキ】中身

デカい。デカくてシンプル。買いたくない。でもコーヒー風味のパンは買わずにいられない呪いにかかってる。しぶしぶ購入。

デカいコーヒー風味のパン。トッピングにコーヒーシュガー。

パンは表面歯切れ良い。中はふんわり柔らか。しっとり。コーヒー風味。香ばしい。少し黒糖っぽいような香ばしさ。黒糖は入ってないので独特の風味はないがともかく香ばしい。ほのかな優しい甘み。

コーヒーシュガーは少ない。センターにちょろって感じ。だが心地よい甘みとコーヒー風味。とっても美味しい。

素朴で野暮ったい見た目だがとっても美味しい。

スポンサーリンク

 

ロシアパンとは?

その名の通りロシアの菓子パン。デカいのが特長らしい。

なんとなく聞き覚えのあるネーミング。と思ったらやはりロシアパンの歴史は長い。

はじまりは「中村屋」。本場ロシアの職人が製作。その後【ヤマザキ】が「ロシアパン」を製作、販売。さらにとてつもない大きさの「大ロシア」販売。菓子パンの枠に収まらないパンだったが爆発的大ヒットとなったらしい。

ロシアは寒いのでカロリー消費が日本に比べて高いそうだ。ナルホド。アイスクリームを食べたら痩せるとか冬は痩せるとかいうアレか。

確かにロシアの人は痩せてるイメージ。バレリーナとかスケート選手とかシャラポワしか知らんが。貧しいからかと思ってたが寒いからだったのか(ロシアの人ごめんなさい)。

・・・・・・・。日本の気候で「ロシアパン」食べたらタイヘンなコトになるじゃん!!

まぁ、このデカさでこのカロリーは地味と言っていい。【ヤマザキ】に日本人を太らせる意図はないようだ。

昔はトッピングがグレーズだったみたい。めっちゃ美味しそう!!シナモンロールファンとしてはグレーズ大好きなんだが。時代の流れかな。致し方ない。

この間見たNHK「きょうの料理」。苺のケーキにかけるグレーズ作ってた~。度肝を抜かれるような砂糖の量。一応粉糖買ってきたんだけど踏ん切りがつかない。早く苺のシーズン終われ~。

スポンサーリンク