芳醇ランチロール(タマゴ)(4)【ヤマザキ】の感想

芳醇ランチロール(タマゴ)(4)【ヤマザキ】

「芳醇ランチロール(ツナ)(4)」、「芳醇ランチロール(ハムマヨネーズ)(4)」、本品と3種類あったが、本品だけが売れ残り。

意外。昨今の卵人気は凄まじいモノがある。安売り時1個10円で買えるコトなんかなんのその。誰も高さを気にしてない。

先日、迷ってツナを購入。お魚にしとけばヘルシーな気がしてしまうという安易な選択。

タマゴと迷い。ハムマヨネーズは最初からなかったな~。フチが赤いハムの可能性もあるし。

まいいや。売れ残り大歓迎。

スポンサーリンク

 

商品説明

4個入り。購入価格116円。

卵フィリングを入れたロールパン。

原材料

小麦粉、卵フィリング(卵白、全卵、植物油脂、食酢、でん粉、食塩、小麦粉、砂糖、乳たん白、卵黄、酵母エキスパウダー)、砂糖、混合異性化液糖、マーガリン、ぶどう糖、パン酵母、油脂加工品、発酵風味料、ファットスプレッド、卵、食塩、バター、加工デンプン、酢酸(Na)、グリシン、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、糊料(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、イーストフード、pH調整剤、香料、V.C、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分、卵、小麦、大豆、りんご。

栄養成分表示(1個当り)

熱量119キロカロリー、たんぱく質3.4g、脂質3.8g、炭水化物17.7g、ナトリウム180mg。

芳醇ランチロール(タマゴ)(4)【ヤマザキ】皿盛り

芳醇ランチロール(タマゴ)(4)【ヤマザキ】横

食べてみた感想

まずは生食。

ロールパンはふんわり柔らかい。しっとり。

ツナを食べた時は気づかんかったがパッケージに「ほんのり甘い」という文字。

ふむ。確かにほのかな甘み。だが気づかなきゃ気づかない感じ。甘いと言うよりパンを美味しくする魔法という感じ。

タマゴは少ない。黄身が多い。黄身をなめらかにつぶしカナリ細かく刻んだ白身を散らしている。ねっとり。フレッシュな感じではない。

味付けはほんのり。シンプル。

普通に美味しい。

軽くトーストのつもりがこんがり~。

表面サクッと香ばしい。中はふんわり柔らかい。しっとり。

卵フィリングはとろり。「フレッシュじゃないな感」が消えた~。

スクランブルエッグみたいにグレードアップ。

すっごく美味しい。

トーストがオススメ。卵フィリングの味わいが全然チガウ。

「芳醇ランチロール(ツナ)(4)」との比較

生食は断然ツナ。

フィリングの量は同じくらいなのかもしれない。だがツナはソースっぽくジューシーなのでたっぷりに感じられる。パンにも味が染み込み満足感アップ。

味も断然ツナ。タマゴのような「なにコレ?」感がない。

トーストはどちらも美味しい。

ツナもトーストで美味しくなったがタマゴのように劇的にアップしたワケじゃない。

全てトーストするならどちらも美味しい。生食も楽しみたいならツナ。

「芳醇ランチロール(ツナ)(4)」の記事はコチラ。

芳醇ランチロール(ツナ)(4)【ヤマザキ】の感想

スポンサーリンク