レモン風味ラスク(瀬戸内産レモン)【ヤマザキ】の感想

レモン風味ラスク(瀬戸内レモン)【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

レモン風味ラスク(瀬戸内レモン)【ヤマザキ】上

2021年5月発売。新商品。48g入り。購入価格95円。

レモン味のラスク。瀬戸内産レモンの粉末0.1%(製品に占める割合)。

食べてみた感想

ラスク・・・人気あるよね? よく見かけるのが、ラスク行列。

しかし・・・私は、割と避けてきた系スイーツ。

サンドイッチを見ると、昨日の売れ残りのパンを使ってるんじゃァあるまいか? ラスクを見ると、昨日の売れ残りのフランスパンを・・・以下同文。

この疑い深さが、オバサン。

ただ、「最近は、そんなコトは、してない」というのは、理解してる。理解してるが、習慣とは、げに、オソロシキモノ。なかなか、変えられないのだ~。

トコロが、最近、「セットで、くっついてきたラスク」を、シブシブ、食べたら・・・おいしかった~。

そんなワケで、ちょっとキョーミを持ちまして・・・そんな時に、コレを発見。

パンのミミか~。懐かしいなぁ。昭和のオヤツ。ウチの親は、作ったコトなかったケド。

しかし・・・待てよ? 確か、「ランチパック」の、余ったミミを、使ったラスクが、あったハズ。買ってみるか~。

・・・違いました~。アレは「ちょいパクラスク」。「ランチパック」を模したパッケージに、入ってます~。まいいや。

レモン風味ラスク(瀬戸内レモン)【ヤマザキ】斜め

おぉ、おいしいじゃァないか~。

固め。サクサクや~ん。お煎餅のような、噛みごたえ。コレは・・・止まりませ~ん。

レモンが、ジュワ~ッ。

固めのパンだからこそ、ジュワジュワ。遠慮なく染み込んでる感じ。甘酸っぱい。濃く、深みのあるレモン風味。

コクのある油脂感。バターは・・・入ってない。デモ、「バター入り」に負けない、豊かな風味。

程よい甘み。

レモンの酸味と、塩味。コレが、組み合わさって、「程よい甘み」を、実現。

味は、濃いめ。濃厚だが、レモンの爽やかさで、濃く感じさせない。

ふぅ。手が粉だらけ。しかし、私は、食べ続ける。止まらない系スナックじゃァないか~。誰か、止めて~。

ザザッと、お皿に、ぶちまけました~。白いお皿に、乗ってるラスクが、全て。

ふむふむ、48gか・・・ウチにあったポテチが、56g。ちょい、少なめかなぁ。「ちょいパクラスク」のように、食べきりサイズと言っていいかも。

1袋当たり、エネルギー270キロカロリー、炭水化物24.8g。

原材料

パン(国内製造)、植物油脂、砂糖、加糖全粉乳、レモンシーズニング(砂糖、デキストリン、レモン粉末、食塩)、食塩/乳化剤、香料、酸味料、酢酸Na、甘味料(スクラロース)、イーストフード、酸化防止剤(チャ抽出物、V.E)、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・落花生・大豆。

同じ工場で、エビを含む製品を製造。

栄養成分(1袋当たり)

エネルギー270キロカロリー、たんぱく質4.1g、脂質17.1g、炭水化物24.8g、食塩相当量0.5g。表示値は、目安。

スポンサーリンク