ランチパック(カフェラテ)【ヤマザキ】の感想

ランチパック(カフェラテ)【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

2020年6月発売。新商品。2コ入り。購入価格138円。

カフェラテクリームとホイップをサンドしたランチパック。「クラフトボス ラテ」の味をイメージ。

食べてみた感想

ランチパック(カフェラテ)【ヤマザキ】断面図

パンは、ふわっふわ~。しっとり~。相変わらずの柔らかさ。

カフェラテクリームはとろりとなめらか。ほろ苦い。濃いコーヒー味。ふわりとマイルドなミルク風味だが、スッキリと透明感。ドリンクのようなクリーム。

ホイップはふわふわ。柔らかい。ミルク風味。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

3.5点。

久々の「ランチパック」~。

実は、ウチの近所は「ランチパック」難民地域?

定番ばかり。見つからないんスヨ~。新商品は、惣菜系の方が、エンカウント率、高いような気がする。

ぬぬっ。ホンモノかな?買っていいのかな?

買い方すら忘れてしまった感。でも食べてしまえば、自転車と一緒。

おいしかったヨ~。

濃いめに淹れたミルキーなカフェラテに、さらにホイップ。追いミルク。

とろとろとろける食パンに、とろとろとろけるクリーム。やっぱり「ランチパック」はこうでなくちゃ。

「クラフトボス」というのは、2017年発売。ラテ風味が発売された時は、3日で一時出荷停止となる程の大ヒットとなったそうだ。

ブラジル最高級豆等、厳選されたコーヒー豆を使用。ブレンディッドウイスキーのような絶妙なブレンド。200以上にも及ぶ工程を経るこだわりのクラフトマンシップ。

出来上がったのは「澄みわたるコク」を持つコーヒー。

・・・すっごい壮大なストーリー。ブレンディッドウイスキー?ついていけないぞ~。

一般的なコーヒーより薄め。ゴクゴク飲める、飲みやすい味だそうだ。

・・・確かに。私は、インスタントコーヒーをスペシャルアメリカンに淹れる派。フツーの缶コーヒーって、苦すぎて飲めない。フツーの缶コーヒーよりは薄いのかもしれない。

ただ、コーヒー牛乳みたいな感じではない。濃厚なコーヒーをしっかりと楽しめる。

1コ当りの熱量149キロカロリー、炭水化物20.8g。

「クラフトボス」の情報は公式サイトを参考。

CRAFT BOSS(クラフトボス) サントリー

原材料

小麦粉(国内製造)、ミルクコーヒーフラワーペースト(植物油脂、水あめ、麦芽糖、砂糖、粉あめ、牛乳、全粉乳、でん粉、コーヒー濃縮液、乳たん白、デキストリン、カラメルソース、寒天、食塩、卵白粉、小麦粉)、ミルククリーム、砂糖混合異性化液糖、マーガリン、パン酵母、食塩、脱脂粉乳/ソルビット、グリシン、加工デンプン、乳化剤、酢酸Na、増粘多糖類、pH調整剤、カラメル色素、保存料(ソルビン酸K)、香料、セルロース、メタリン酸Na、イーストフード、グリセリンエステル、V.C。

アレルゲン

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分(1コ当り)

熱量149キロカロリー、たんぱく質3.3g、脂質5.8g、炭水化物20.8g、食塩相当量0.3g。表示値は目安。

スポンサーリンク