ランチパック(ショコラ&ミルクホイップ)【ヤマザキ】の感想

辻口博啓シェフ監修のブランド・ランチパックです~。

私の目標は、菓子パンで、全国各地の銘店の味を制覇するコト。見逃すワケにはイキマセン~。

 

スポンサーリンク

商品説明

2020年9月発売。新商品。2コ入り。購入価格138円。

ショコラクリームとミルククリームをサンドしたランチパック。

辻口博啓シェフ監修。

辻口博啓シェフとは、石川県出身の超有名パティシエ。数々の賞を受賞し続ける華やかな経歴の持ち主。

テレビ番組「ジョブチューン」にも出演。コンビニスイーツをジャッジされてましたが、この間のローソン回には、出演されてなかったようです。

食べてみた感想

ランチパック(ショコラ&ミルクホイップ)【ヤマザキ】断面図

ぱっくーん。

あらら・・・な~んにもナッシング。

片寄ってるみたい。まいっか。食パンは、ふわっふわ。しっとり。モッチリ。ほのかな甘み。相変わらずの「ランチパック」。おいし~。

ショコラクリームは、とろとろ~。ほろ苦い。ベルギーチョコっぽい高級感をまとったチョコ風味。甘さ控えめ。

ミルククリームは、とろぉ~っ。ぷるんとしてる~。スッゴク、ミルク~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

3.4点。

ショコラクリームの方が多い。

辻口博啓シェフのショコラティエとしての矜持が・・・いや、【ヤマザキ】が、ショコラティエ辻口博啓サマに敬意を表して、そうしてるのだろ~。

ほろ苦いチョコとミルクの相性は、言わずもがな。

ショコラクリーム・・・チョコクリームじゃなく、ショコラクリームと呼んじゃうトコが、ポイント。ブランドを感じさせる高級感。まさしく、ショコラクリームという感じ。

ミルククリームは、目が覚めるようなフレッシュ感が、魅力。北海道を感じちゃったぞ~。

ショコラクリームは、とろとろチョコソースっぽく、ミルククリームは、ぷるるんっ。食感の違いが、クリーム以上のスイーツ感。

おいし~~。

チョコとミルク。平凡すぎる組み合わせなのに、平凡さをまるで感じさせないゴージャス感。

サスガ、辻口博啓シェフ。

ワーイ。アノ、コンビニスイーツをバッサバッサとメッタギッてた辻口博啓シェフのスイーツ(イメージ)を食べちゃった~。

1コ当り熱量136キロカロリー、炭水化物19.4g。

原材料

小麦粉(国内製造)、チョコフラワーペースト、ミルククリーム、砂糖混合異性化液糖、マーガリン、パン酵母、食塩、脱脂粉乳/加工デンプン、グリシン、乳化剤、酢酸Na、保存料(ソルビン酸K)、香料、イーストフード、増粘多糖類、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・オレンジ・大豆・りんご。

栄養成分(1コ当り)

熱量136キロカロリー、たんぱく質3.4g、脂質5.0g、炭水化物19.4g、食塩相当量0.3g。表示値は目安。

スポンサーリンク