ランチサンド(メンチカツ)【ヤマザキ】の感想

ランチサンド(メンチカツ)【ヤマザキ】パッケージ写真

あらら。この間「ランチサンド(コロッケ)」を買ったばかり。メンチカツヴァージョンもあるんだ~。というコトで購入。

スポンサーリンク

 

商品説明

2019年1月発売。新商品。購入価格127円。パンのサイズは約12.5cm×12cm。

ソース付きメンチカツとマヨネーズ風味ドレッシングを薄切り食パンでサンド。

同シリーズに「ランチサンド(コロッケ)」がある。

ランチサンド(コロッケ)【ヤマザキ】の感想

ランチサンド(メンチカツ)【ヤマザキ】上から見た図

ランチサンド(メンチカツ)【ヤマザキ】横から見た図

ランチサンド(メンチカツ)【ヤマザキ】中身はこんな感じ

食べてみた感想

パンは・・・固め。ってか開けてから放置しちゃったからなぁ。

マーガリンの風味が香る美味しい食パンであるコトは間違いない。ミミはもともと固め。

メンチカツは・・・コレ食べたコトあるわ~。

え~~ット。「ふっくらバーガー(メンチカツ&金ごまソース)」のメンチカツと激似。

肉はチキンか?チキンと豚の合い挽きか?よくわからない。すごくアッサリとした味わい。粗挽きっぽくほぐれるが、食感は粗挽きっぽくない。柔らかい。

ソース味は薄め。マヨネーズ風味ドレッシングが効いてる。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.0点。

ランチパックのふわふわ感はないが、伝統的な食パンの美味しさを楽しめる。ボリュームもビッグ。

メンチカツは普通。コロッケの方が断然美味しいと思う。コロッケの甘みとソースの絡みがサンドイッチにすっごく合う。コロッケも控えめなソース感だったが、メンチカツはよりソース感が薄い。

コロッケの方が美味しいと言っても、コチラもモンダイなく美味しい。おナカいっぱい。満足感はランチパックより高め。

原材料

メンチカツ、小麦粉、ソース、辛子風味ドレッシング、砂糖混合異性化液糖、マーガリン、パン酵母、食塩、脱脂粉乳/酢酸(Na)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、グリシン、加工デンプン、着色料(カラメル、カロテノイド)、pH調整剤、イーストフード、酸化防止剤(V.E)、香辛料抽出物、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・とり肉・豚肉・りんご。

栄養成分表示

熱量476キロカロリー、たんぱく質13.1g、脂質25.1g、炭水化物49.4g、食塩相当量3.0g。表示値は目安。

スポンサーリンク