スイートポテリーヌ【セブンイレブン】の感想

スイートポテリーヌ【セブンイレブン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

スイートポテリーヌ【セブンイレブン】上

2022年11月23日発売。チルドスイーツ。新商品。237.60円。サイズは、約7cm×5cm。

焼きスイートポテトと、生スイートポテトを組み合わせた、スイーツ。黒ゴマをトッピング。

食べてみた感想

スイートポテリーヌ【セブンイレブン】断面

2層のスイートポテト。

上の生スイートポテトは・・・うわぁ~、とける、とけるゥゥゥゥ~。

まるで、クリーム。一瞬で、とろけちゃいました~。モノスゴク、クリーミィ。

お芋であり、生クリームであり、タマゴのマイルドなコクも感じちゃいました~。

下の焼きスイートポテトは・・・ホントに焼いてる?

そう感じちゃうぐらい、しっとり。ねっとり。モノスゴク、なめらか。とける、とける、コレも、とろけちゃうヨ~。

お芋とミルク。シンプルだなぁ。みずみずしく、甘さ控えめ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

スイートポテリーヌ【セブンイレブン】斜め

3.7点。

うわぁ~。なんなんでしょーね、コレ?

「スイートポテリーヌ」ですって。聞き慣れないコトバでゴザイマ~ス。

「ポテリーヌ」というのは、料理。お芋のテリーヌだそうですが・・・調べても、そんなに出て来ない。多分、あんまり市民権を得ている料理でもないんじゃァないかな?

さてさて、この、ナゾのスイーツ・・・モチロン、タダのスイートポテトじゃァありません。オドロキに満ち満ちていますヨ~。

ビックリ・ポイント、その1。

こ、コレは、お芋なのに・・・とろけるクチ溶け、とろける軽さに、ビックリしちゃいました~。

ドチラのスイートポテトも、とろけますが・・・スピード勝負は、生スイートポテトが上。

コイツのクチ溶けは、アイスなみ。ジュッと、私の舌の熱で、消えてしまいました~。弱ッ。

王道スイートポテトを、生クリームで、薄味に仕上げたような感じ。生クリームが入った、お芋のアイスみたいでした~。

ビックリ・ポイント、その2。

なめらかさに、ビックリギョーテン。

なめらかさで軍配が上がったのは、焼きスイートポテト。

「どんだけ、濾したら、こーなるの?」という、なめらかさ。上品なこしあんのような、なめらかさですが・・・あんこの味がしない。お芋の味しかしない。お芋とミルクだけ、という感じ。

しっかりとした、お芋風味。お芋の素材感が、存分に感じられちゃうんですが・・・濃厚というワケもなくって。

お芋をミルクで薄めたような・・・お芋オレという感じ。しかも、お芋だとゆーのに・・・意外なホド、甘さ控えめ。スッゴク、優しい味です~。

ミルクまんじゅうの、ミルク餡を、お芋風味にしたような感じ、ですかね~。

さてさて、最後のビックリ・ポイント、その3。

ドチラも、スッゴク、みずみずしくって・・・もう、「濡れちゃってる」と言っていいかも。濡れあんこの、スイートポテトバージョン。

つまり・・・濡れスイートポテトという感じなんですヨ~。

とても、なめらかで、クチ溶けがよく、みずみずしい。ミルク感いっぱいのスイートポテト・・・なんですが、甘さ控えめな味が、料理っぽい感じもしたりして。

なめらかで、素材感が感じられ・・・まるで、料理のテリーヌみたい~。

スイートポテトでありながら。フランス料理のような上品さ。間違いなく、新感覚のスイーツだと思いました~。

と~っても、おいしかったです~。

しかも、お芋スイーツなのに、軽くって、アッサリ。ペロリと食べられちゃいました~。

熱量172キロカロリー、糖質17.3グラム。ともに、低め。

原材料

さつまいも加工品(国内製造)、乳等を主要原料とする食品、クリーム、砂糖、牛乳、卵加工品、チーズ、澱粉、ごま、食塩、小麦粉/乳化剤、着色料(カロチノイド)、糊料(増粘多糖類)、香料。

アレルギー物質

卵・乳成分・小麦・大豆・ごま。

栄養成分

熱量172キロカロリー、たんぱく質1.6g、脂質10.5g、炭水化物18.3g、糖質17.3g、食物繊維1.0g、食塩相当量0.12g。推定値。

スポンサーリンク