愛知西尾抹茶の老舗あいや本店再訪&【西条園スイーツ】の感想

9月 18, 2017

2度めの訪問。2017年9月9日(土)夕方5時頃。格調高い日本庭園のような玄関アプローチ。左右の景色を楽しみながら程なく抜けると【あいや】ののれんの掛かった玄関。緊張。背筋がピシッと伸びる感じ。

真っ白なのれんには大きな【あいや】のロゴ。椿の花のようなカワイイロゴだが茶畑のうねだそうだ。

数年前リニューアル。店内は木の香に癒やされる明るい空間。お茶の茎を床のコンクリートに練り込んでいるらしい。既にお茶だらけなのにさらにというこだわり。お茶と西条園スイーツ(【あいや】の抹茶スイーツブランド)の販売。店内に抹茶カフェ。

西尾茶と西条園スイーツの通販はコチラ。

西尾抹茶と抹茶スイーツ西条園の「あいや」本店通販サイト

抹茶製造工程見学等の抹茶体験ができる「あいや西尾の抹茶ミュージアム和く和く」併設。今年は無料だが2018年1月4日より一人500円。

初訪問の購入記事はコチラ。

愛知あいや【西条園】抹茶バターサンドとほうじ茶フィナンシェの感想

抹茶バウムクーヘン購入。

購入客に抹茶サービス。購入額のしばりがあるかは不明。(連れが高級西尾茶をプレゼント用に購入。)購入額で客を区別するような下品な雰囲気は微塵もないが。

甘納豆みたいな小粒のお菓子(和菓子に疎くてわからない)。めっちゃ美味しい!!

そして抹茶。こんな美味しい抹茶飲んだコトない!!全く苦くない!!かぐわしい香り。濃厚で繊細な風味。きめ細やかな泡立ち。甘いお菓子がなくても美味しく飲める。こんな抹茶初めて!!

何やら茶こしでこしてから淹れているようだ。この丁寧さが美味しさの秘訣かぁ。モチロン西尾茶のクオリティーは言うまでもない。

あんまり美味しかったので缶のお茶も購入。やはりプロの淹れたお茶が飲みた~い。

スポンサーリンク

 

西尾っ茶

あいや西尾っ茶

お抹茶入り煎茶。一番茶。290g入り。130円。

あいや西尾っ茶グラス

わぁ。煎茶も苦みが全くない。まろやかなコク。上品な味。スッキリとした味わい。

すっごく美味しい!!お茶の概念変わりそう。こんな美味しい煎茶飲んだことない!!

まるで今茶畑に行って摘んできたお茶で淹れたみたい。生のハーブティーのようなフレッシュさ。

抹茶バウムクーヘン

西条園スイーツ抹茶バウムクーヘン

ホール。280g入り。1296円。「シェ・シバタ」のパティシエのプロデュース。

西条園スイーツ抹茶バウムクーヘン中身

西条園スイーツ抹茶バウムクーヘンホール

西条園スイーツ抹茶バウムクーヘンカット

ふわふわ。柔らか。一つ一つの層が織りなすというよりふわふわの一体感。

しっとり。舌の上で静かに静かに口溶けてゆく。お茶の心が私にも宿る瞬間。目をつむるとそこには茶室が広がる。侘び寂びの空間。隣には利休。・・・そんなに抹茶バウム美味しいっスか。

サスガの西尾抹茶。やはり苦みは全くない。抹茶の香りと奥深い味わいがふわ~っと口の中に広がってゆく。

甘さ控えめ。とても上品な甘さ。バウムクーヘンとしては珍しい。老舗の西尾抹茶の伝統の味。抹茶が主役のバウムクーヘンならではの味。

あ~~おいし~い。西尾抹茶と一緒に食べたかったなぁ。

感想

抹茶との出会いは幼少の頃。親に連れられたお茶会。差し出された抹茶に順番無視。「飲む~。」と突撃。一口飲んだ途端「苦~い。いらな~い。」と放り出す。満座失笑。師匠が言い放つ一言「まだ早いんじゃないですか。」ジロリ。目は笑ってない。

何度となく聞かされ続けた親の恨み節。それでも十数年後お茶を習い出す。自主的に。自分で見つけてきたお教室。親がその後お師匠のお茶会に出席した話は聞かない。

テニス部出身。侘び寂び等ちっとも解さず。ただしお点前にハマる。ままごとみたいで超楽し~い!!体育会系なので家でも練習に励む。お師匠に鮮やかなお点前とお褒めに預かる。テヘヘ。

テニスで鍛えた力任せの茶せんさばきで点てた抹茶の評判も上々。ただし自分で点てたお茶は飲んだことがない。お教室で毎週飲んでたお茶。その後観光地のお茶室で頂いたお茶。一度も美味しいと思ったことはない。モチロンお濃茶なんて言語道断。清潔好きの現代人に合わない。

抹茶は苦い。抹茶は和菓子がないと飲めない。抹茶は義務。抹茶はお点前の付録。コレが抹茶に対する認識。

満を持しての西尾抹茶登場。抹茶美味しい!!抹茶苦くない!!甘いお菓子いらない!!心が洗われる!!ほっこりまったり癒やしの極地!!あまりの衝撃にこんなにテンション上がっちゃって。結局侘び寂びとは無縁らしい。でもいいじゃない。西尾抹茶最高!!

スポンサーリンク