ベン&ジェリーズのミニカップアイスの感想

5月 11, 2018

1978年アメリカバーモント州から始まったアイスクリームショップ。安全で美味しいこだわりの素材を使用。社会貢献活動にもすこぶる熱心。

世界中の店舗でフリーコーンデーを開催するなどキャンペーンもイロイロ。ただサンデーなどを販売するスクープショップは東京にしかないっぽい。「ららぽーと豊洲店」しか書いてない。1店舗しかないのかな?

近所の店舗でミニカップ取り扱い開始。イオンでも発見。アマゾンでも販売。

 

3種類購入。美味しかった順にご紹介しまぁ~す。

スポンサーリンク

 

1位 チョコレートファッジブラウニー

ベン&ジェリーズチョコレートファッジブラウニー

120ml入り。260キロカロリー。

ベン&ジェリーズチョコレートファッジブラウニー中身

ベン&ジェリーズチョコレートファッジブラウニー横向き

チョコレートアイスにブラウニー入り。美味しくないワケがないコンビ。

濃厚!!めっちゃ濃厚!!カカオの本格的な味わいとミルキーなコクが合わさってめっちゃくちゃ濃厚。すっごく美味しい!!

そして濃厚なチョコブラウニーがたっぷり。チョコ尽くし。チョコ好きには堪らない。

まるでケーキを食べてるみたい。カカオのビターな苦みにウットリ至福の瞬間。

アイスのフレイバーと言えばはチョコ。絶対チョコ。異論がある人も認めざるをえない味。

2位 キャラメルチーズケーキ

ベン&ジェリーズキャラメルチーズケーキ

120ml入り。251キロカロリー。

ベン&ジェリーズキャラメルチーズケーキ中身

ベン&ジェリーズキャラメルチーズケーキ横向き

キャラメル味のチーズケーキアイスにチョコクッキーのチャンク入り。

チーズケーキアイスは濃厚でとっても美味しい。キャラメル味は苦みがなくミルキー。程よいキャラメル味。

うわ~!!底に行く程すっごい量のチョコクッキーチャンク!!ザクザクお宝のように出てくる。カカオの香り高くバターたっぷりの美味しいチョコクッキー。

キャラメル、チーズケーキ、チョコ。3拍子揃えば無敵。美味しすぎ!!

3位 ピーナッツバタークッキー

ベン&ジェリーズピーナツバタークッキー

2017年新商品。120ml入り。267キロカロリー。

ベン&ジェリーズピーナツバタークッキー中身

ベン&ジェリーズピーナツバタークッキー横向き

う、うわ~。ピーナツバターだぁ~。ホンモノのピーナツバターそのもの。パンに塗ってるヤツ。すっごく濃厚。

バニラクッキーは柔らかくしっとり。キャラメルのような食感。

チョコチップはたっぷり。濃いカカオの味。カリッカリの食感。

最初はピーナツバターのインパクトにビックリ。食べ進むうちに気にならなくなる。素材の美味しさが光り様々な食感も楽しめ、すっごく美味しかった。

ただこの濃厚なピーナツバター味はやはりアメリカン。ピーナツバターをパンに塗る人向けじゃない。そのまま指で一瓶いっちゃう人向け。

案の定工場で働いてる人に「ピーナツバターフレイバーなら何でも好き。」って人いる~。(ベン&ジェリーズの作り方より)

まとめ

80年代ハーゲンダッツ日本上陸の衝撃再び。

めっちゃくちゃ美味しい!!コレに尽きる。

あまりの美味しさ。てっきりアメリカのひいひいおばあちゃんの秘伝のレシピで作ってま~す的なコトだと思ってた。

え?

エエエェェェ?な、なんと受講料5ドルの大学のアイスクリーム製造通信講座・・・だけ?

しかもベンとジェリーって牛でも飼ってそうなごついオジサン。アメリカってやっぱりスゴイ国。

アメリカのアイス愛と執念には驚かされる。

2017年9月発売の新商品「ワッフルコーンドリーム」のレビュー記事はコチラ。

ワッフルコーンドリーム【ベン&ジェリーズ】の感想

2018年5月。サイトのメニューから「ピーナッツバタークッキー」抜けてる~。やっぱ日本人の好みとはチガウと思ったわ~。

スポンサーリンク