東京【ベノア】スコーンの感想

世界一優雅なスイーツ。ソレはスコーンじゃなかろーか。

ケーキスタンドに並べられたスコーン。気品溢れる佇まいにため息ももれる。手で口に運ぶ仕草は貴婦人のような高貴さが要求される。フォークでケーキを食べるのとはワケがチガウのだ。

ケーキスタンドのないオバサンはかぶりついてます。

プレーンとクローテッドクリームが既に入ってるスコーン(名前忘れた)を購入。

スポンサーリンク

 

スコーン・プレーン

ベノアスコーンプレーン

216円。

ベノアスコーンプレーン中身

うわ~!!美味しいッ!!

外はサックリ。中は柔らかく口の中でホロッと簡単に崩れる。

モソモソとした間違いなくスコーンなのにモソモソ感が普通のスコーンとチガウ。

モソモソしてるのにパサパサではなくしっとり。

全く甘くない。

めっちゃくちゃ美味しい!!!

ウチのりんごバターをつけてみるもなんかチガウ。バターのが美味しかった。

あぁ・・・。クローテッドクリームなるモノをつけてみたかった・・・。

クローテッドクリーム入りのスコーン

ベノアクローテッドクリーム入りスコーン

259円。

ベノアクローテッドクリーム入りスコーン中身

ミニサイズ。なのにこの高さよ・・・。

プレーンよりさらにしっとり。モソモソ感もちゃんと残してる。

程よい甘み。何もつけずに食べられる。

ソフトタイプのクッキーみたいな感じ。

すっごく美味しい。

美味しさで言うとコチラの方が美味しい。ただスコーンはバターやジャムをつけながら食べるのが楽しい。

スコーンらしさは断然プレーン!!

「こんなの邪道だぁ~。」とまでは言わないケド、クリームやジャムによって引き出される美味しさこそがスコーンなのだと思う。

何もつけないなんてお手軽さじゃ優雅なフンイキも半減。貴婦人気分も台無し。

スポンサーリンク