とろけるバター蒸し【第一パン】の感想

とろけるバター蒸し【第一パン】パッケージの写真

スポンサーリンク

商品説明

とろけるバター蒸し【第一パン】上から撮った写真

2024年1月発売。菓子パン。新商品。購入価格138円。パンのサイズは、約10.5cm×9.5cm。

フランス産発酵バター入り蒸しパン。中には、バター入りクリームが入っている。

食べてみた感想

とろけるバター蒸し【第一パン】断面の写真

蒸しパンは、スッゴク、しっとり。素朴な食感。タマゴ風味。

クリームは、とろ~り、なめらか。バタークリームっぽい感じ。スッゴク、塩味が効いている。

半分は、温めてみました~。500Wの電子レンジで、約20秒。

ふわっふわ~。ぷるんぷるん~。しっとり、タマゴ風味とバター。油脂感を感じちゃいました~。

クリームの塩味も、少しマイルドになりました~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

とろけるバター蒸し【第一パン】斜めから撮った写真

2.8点。

「とろけるバター蒸し」・・・「バター」ってのに惹かれちゃう私がいます~。

・・・意外。

スッゴク、素朴。昔懐かしいような味の蒸しパンでした~。

なんか、変わった香りがするんですよねぇ。

ミルクを温めすぎて、ミルクの皮が出来ちゃった・・・みたいな?

あるいは、あんまり、きめ細やかじゃない、ボロボロ崩れる感じの昔の蒸しパンみたいな・・・とにかく、古めかしい感じとゆーか、昭和の香りとゆーか、独特の香りがしました~。

スッゴク、甘じょっぱいです~。

クリームの辛さと来たら・・・「塩をこぼしちゃった?」ぐらいの、キョーレツでガツンと来る、塩辛さでして。

クリームが少ないんで、甘じょっぱいアクセントになってて・・・「まいっか」って感じなんですが。

いやいやいや、よくないヨ~。クリームが少ないのは・・・よくないヨ~~~。

蒸しパンは、しっとり油脂感はあるんですが、言うホド、バターバターしてないんで。バター風味のクリームは、「バター蒸し」の命綱みたいなモンなんで。

クリームは、タマゴ風味とゆーか、カスタード系。カスタードをミルク味にした・・・バタークリームという感じ。タマゴ風味の蒸しパンと、とっても合ってました~。

ちょっと香りは気になりましたが・・・それも含めて、昭和レトロを楽しめちゃう感じ。おばあちゃん特製、素朴な蒸しパンという感じでした~。

エネルギー243キロカロリー、炭水化物40.6グラム。エネルギー、低め。

原材料

砂糖(韓国製造、タイ製造)、小麦粉、液卵、バター風味フラワーペースト、液卵白、乳化油脂、植物油脂、還元水あめ、バター、食塩、乳等を主要原料とする食品/ソルビトール、グリシン、乳化剤、加工デンプン、膨脹剤、香料、糊料(キサンタン)、ビタミンB1、酸味料、着色料(カロチノイド、ウコン)。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

小麦・卵・乳成分・大豆。

栄養成分

エネルギー243キロカロリー、たんぱく質5.2g、脂質7.0g、炭水化物40.6g、食塩相当量0.5。表示値は、目安。