レモンシャルロット【神戸屋】の感想

レモンシャルロット【神戸屋】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

2020年5月発売。新商品。購入価格116円。サイズは約6.5cm×8.5cm×10.5cm(高さ)。

瀬戸内産レモンのピューレ入りクリームをサンドしたロールケーキ。

食べてみた感想

レモンシャルロット【神戸屋】断面図

スッパい。キレはあるが、程よいレモン風味。甘酸っぱい。

スポンジは柔らかいが、超ギッシリ~。外側のシャルロットも柔らかいが、さらにギッシリ、目の詰まった・・・ってゆーか、クリーミィ。とろけるような食感。

レモンクリームは、とても薄く塗ってある。薄いが、とろ~り。しっかりとクリーミィさを感じられる食感。

コクがある。バタークリームっぽい感じ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

レモンシャルロット【神戸屋】横から見た図

3.0点。

「レモンシャルロット」という、オシャレなスイーツ感溢れるタイトルに惹かれて購入。

ぼーっとしてた~。

コイツはシリーズ商品。「ミルクシャルロット」だの・・・他のもシャルロットだった~。忘れてた~。

まいいや。

なんちゅー炭水化物だぁ~。

食べるのは久々。食べる度に炭水化物度が、加速してるように思えるのは、気のせい?

ぎゅぎゅっと詰まったロールケーキのレイヤー感。美味しいし、楽しい。しかし・・・。

食べてる間中、キョーフ感とトナリ合わせなのは、私だけ?

両手で抱えきれない程のゴハン粒を、ぎゅぎゅっとフツーの大きさのオニギリにまで握り詰めたような、濃密な充実感。ケーキでケーキを巻いてるかのような倒錯感。

ただのスイーツとは思えない。モダン焼きでゴハンを巻いたようなド級の迫力~。一体、ナニを目指してるんだぁ~。

炭水化物のズッシリ感はあっても、重たくはないんだ。その上、レモンの爽やかさヨ。ペロリと食べれちゃう。罪作りなレモンめ~。

おっと、瀬戸内産だった~。大好きだヨ~。

エネルギー457キロカロリー、炭水化物67.2g。ともに高め。

原材料

卵、小麦粉、砂糖、レモン味クリーム、加工油脂、食用植物油脂、還元水あめ、でん粉加工品/ソルビット、乳化剤、膨張剤、保存料(プロピオン酸Na)、酸味料、増粘多糖類、加工デンプン、セルロース、香料、着色料(カロチノイド、ウコン)、酸化防止剤(ビタミンE)。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

エネルギー457キロカロリー、たんぱく質7.1g、脂質17.8g、炭水化物67.2g、食塩相当量0.6g。表示値は目安。

スポンサーリンク