和みのチョコケーキ 薫る抹茶【神戸屋】の感想

和みのチョコケーキ 薫る抹茶【神戸屋】パッケージ写真

スポンサーリンク

 

商品説明

2019年2月発売。新商品。購入価格140円。パンのサイズは約8cm×8cm。

チョコ生地と宇治抹茶生地、2層仕立ての蒸しケーキ。

和みのチョコケーキ 薫る抹茶【神戸屋】上から見た図

和みのチョコケーキ 薫る抹茶【神戸屋】横から見た図

和みのチョコケーキ 薫る抹茶【神戸屋】中身はこんな感じ

食べてみた感想

蒸しケーキはふわふわ~。柔らかい。きめ細やか。かぶりつく前にホロホロと崩れてしまう。繊細な食感。しっとり。

チョコ風味があまりに濃い。あまりに濃厚。しっとりとした濃厚な風味はまるで生チョコ。

抹茶ケーキは控えめに見える。カットすると意外とたっぷりめ。奥ゆかしい茶の湯のココロ。美しい断面にウットリ。

宇治抹茶の香り高さと風味にハッする。静かな迫力。上品な風味。ほろ苦い。チョコケーキに負けないコクがある。ホワイトチョコが入ってるのかな?よくわからない。抹茶チョコのような風味。

小さなチョコチップ入り。チョコ風味があまりに濃厚で味わいとしてはかぶってる。柔らかめ。フルーティーな食感がアクセント。とても効果的。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.8点。

「めっちゃくちゃ美味しいッ!!!」と言っておこう。

チョコチップと蒸しケーキの味があまり大差ないってどーゆーコトよ~?スゴすぎ~。

宝石箱のような箱に詰まったビターと抹茶の生チョコ。ただしふわんふわん。天使の食感。そんなイメージ。こんなに濃厚なのに軽い。全くしつこくない。

抹茶とチョコのバランスも絶妙。日本の誇る抹茶とチョコがこんなにも合うというコトを全世界に叫びたい~。

そ~言えば【神戸屋】は蒸しケーキが大得意だったんだっけ?

一昨年に発売の「ショコラノワール」と「シルキーブラン」。悪魔と天使の蒸しケーキ。蒸しケーキってこんなに美味しかったんだとキョーガク。私の中では記念碑的な菓子パン。

和スイーツというより純日本風と言いたい。上品な佇まいは茶道のココロそのもの。敬意を表して抹茶と味わうのもいいかも。

カロリー、炭水化物ともに低め。

原材料

卵、砂糖、小麦粉、食用植物油脂、チョコレート、還元水あめ、準チョコレート、れん乳フラワーペースト、加工油脂、油脂加工品(食用植物油脂、はっ酵乳)、ココアパウダー、抹茶加工品、食塩/ソルビット、グリシン、乳化剤、膨張剤、加工デンプン、増粘多糖類、保存料(しらこたん白)、香料、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、pH調整剤、カロチン色素。

アレルギー物質(27品目中)

乳成分・卵・小麦・さけ・大豆。

栄養成分表示

エネルギー275キロカロリー、たんぱく質5.3g、脂質12.7g、炭水化物35.4g、食塩相当量0.2g。表示値は目安。

スポンサーリンク