ホボクリム-ほぼほぼクリームのシュー- 【ローソン】の感想

ホボクリム-ほぼほぼクリームのシュー- 【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ホボクリム-ほぼほぼクリームのシュー- 【ローソン】上から見た図

2019年11月5日発売。新商品。200円。サイズは約8cm×7.5cm。

ホイップクリームとミルククリームの2種類のクリームを詰め込んだシュー。シューの上面が薄い生地。

食べてみた感想

ホボクリム-ほぼほぼクリームのシュー- 【ローソン】断面図

ギコギコ。あれ? 切れない? ギコギコギコギコギコギコ~。

ふ~~~。やっと切れた~。どーなっとる?ってわわッ。クリームが~。ナイフにどっぷり持ってかれた~。

とろっとろ~。きめ細やか。ふわふわっと雲のように泡立てられたホイップが、くちの中でスーッととろける~。とろける、とろける、とろけてゆく~。

みるく。ものすごくミルク。ミルクの甘み。牧場で飲むミルクどころじゃない。超高級ミルクを飲んだ時「コレって本当にミルク?」と叫ぶ。そんな感じ(注:私は超高級ミルクなど飲んだコトない。)

なんか上の方にとろりとなめらかなクリームを少し感じた~。練乳っぽい風味。コレがミルククリームかな?よくはワカラナイ。

シューは薄い。破れないか心配になるぐらい。柔らかい。モッチリ。白パンをシューにしたような感じ。

底は少々厚め。サクサク。パイみたい?いや、モナカっぽい。洋風のモナカみたいな感じ。モッチリ。すごく美味しい。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ホボクリム-ほぼほぼクリームのシュー- 【ローソン】横から見た図

4.3点。

なんてコトだろう?コトバが出ない。まさに悶絶級。

クリームの美味しさにズッキューン。ほのかにバニラが香るみるく風味。原材料を見ると1番多いのはカスタードクリーム。

卵風味は感じられなかった~。みるくのスイートさ。みるくのコク。ただただみるく。だけどあのうまさはカスタードのチカラなのかもしれない。

どーでもいいや。マジックの仕掛けは知らない方がいい。脳みそから何からただただとろけるのみ。全てがとろけてもシアワセが残る~。

底の厚みはたぷんたぷんのクリームを支えるためと思われる。ソレがこんなにもサクサク。香ばしく美味し~んだから、やってくれるね【ローソン】。

この秋、聖夜のように空から【ローソン】のマジックが降り注ぐ。1食限りのキセキが起こる~。

ふわふわのクリームを豊かにたたえる、そのさまは母なる大地。丸っこくて純白。平和の象徴。初めて経験する至福。つまり美味しすぎんだよ~。

熱量320キロカロリー、糖質22.6g。

原材料

カスタードクリーム、生クリーム、ホイップクリーム、ミックス粉(でん粉、小麦粉、植物性たん白、食塩、植物油脂)、卵、砂糖、ファットスプレッド、植物油脂、加糖練乳、油脂加工品、でん粉、ゼラチン、寒天/加工デンプン、トレハロース、グリシン、膨脹剤、乳化剤、カゼインNa、糊料(増粘多糖類)、香料、pH調整剤、ソルビット、酒石酸K、リン酸塩(Na)、グリセリンエステル、酸化防止剤(V.E)、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチン。

栄養成分

熱量320キロカロリー、たんぱく質2.5g、脂質24.4g、炭水化物22.8g、 糖質22.6g、食物繊維0.2g、 食塩相当量0.3g。表示値は目安。

スポンサーリンク