ムース・オ・ショコラ【ローソン】の感想

ムース・オ・ショコラ【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ムース・オ・ショコラ【ローソン】上

2022年2月8日発売。チルドスイーツ。新商品。255円。サイズは、直径、約7.5cm。

チョコムースと、ホイップクリームのデザート。トッピングに、カカオニブ。カカオ分73%、55%のチョコレートを使用。

食べてみた感想

ムース・オ・ショコラ【ローソン】断面

うわ~。

濃厚~。ねっとり。絡みつくようなチョコ風味。苦~~~い。

とろける。ゆっくりと、とろけてゆく~。生チョコのような、なめらかさだが・・・もっと、チョコ。濃厚すぎる~。

ホイップは・・・思ってたよりは、少なめ。スグに、底が見えてしまった~。

とろ~り。クリーミィ。少し、ぷるんとしてる。少し、油っぽい。

パラパラと、細かいカカオニブが、降り積もっている。わずかに、プチプチ。イチゴの種よりは、柔らかい食感。思ってたより、苦くない。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ムース・オ・ショコラ【ローソン】斜め

3.7点。

うわ~~。

デッカイ、チョコアイスを、ドド~ン。真っ白な、ホイップの海に、浮かべたような・・・美しいコントラスト。

ワーイ。チョコの、初日の出~~~。

濃い。濃ゆいですヨ~。

見た目を、裏切らない。コレぞ、バレンタインというような、濃厚チョコムース。

ってか、チョコムースとは、思えない食感。こんなチョコムース、初めて。

アワアワな軽さはなく、均一な感じもなく・・・サックリと混ぜただけの、チョコアイスみたいに、ナチュラル。

ズッシリと重たい、カカオ感。焦らすように、ゆっくりと、舌の上を転がってゆく。魅惑の口溶け。カカオの重さを、存分に感じられるが・・・やはり、ムース。軽さもある感じ。

うわ~、おいし~い、このチョコムース~。

今回、ホイップは、カンペキに脇役。

チョコムースを、コロコロ。雪ダルマを作る時のように、転がしながら、ホイップを、まとってゆく。

チョコとミルクの、コントラスト。とても相性がいいが・・・チョコの優位性は、揺るがない。濃厚さは、ビクともしない。

チョコムースと、ホイップ。

フツーなら、重ねる順番が、逆。逆だからこその、アンバランスな見た目に、惹かれちゃう~。

コレって、スゴいコトなんじゃ? ホイップ、潰れちゃうって思うのは、私だけ?

ホイップの味は、少々イマイチですが・・・今回は、チョコムースが主役。チョコムースに、絡まりやすいですし・・・悪くないと思います。

熱量272キロカロリー、糖質14.0グラム。糖質、低め。

原材料

油脂加工食品(国内製造)、チョコレート、牛乳、クリーム、砂糖、卵加工品、ゼラチン、カカオニブ加工品/乳化剤、pH調整剤、香料、増粘多糖類。

アレルギー物質

卵・乳成分・大豆・ゼラチン。

同じ製造工場で、小麦を含む製品を製造。

栄養成分

熱量272キロカロリー、たんぱく質3.4g、脂質22.0g、炭水化物16.0g、 糖質14.0g、食物繊維2.0g、 食塩相当量0.06g。推定値。

スポンサーリンク