どらトッツォwithチョコ【Pasco】の感想

どらトッツォ with チョコ【Pasco】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

どらトッツォ with チョコ【Pasco】上

2021年12月発売。新商品。購入価格149円。パンのサイズは、約9.4cm×9.4cm。

ホイップクリームと、粒あんと、ダイスチョコをサンドした、どら焼き。

食べてみた感想

どらトッツォ with チョコ【Pasco】断面

どら焼き生地は、モッチリ。ふんわり。ジュワ~ッ。スッゴク、しっとり。

ミルクとタマゴ。風味豊か。ホットケーキみたいな生地・・・あ、デモ、少し、どら焼き寄りの風味な感じ。

ホイップは、たっぷり。ふわふわ。ミルク風味。甘さ控えめ。

粒あんは、少なめ。ツブツブの食感が、残っている。甘い。

カリッ。

固めのチョコを、勢いよく、歯で割っちゃった~。「アーモンドチョコ」のCMのように、冬の青空に、響いて行っちゃったヨ~。

ほろ苦い。アッサリとした、食べやすいチョコ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

どらトッツォ with チョコ【Pasco】斜め

3.2点。

とうとう、キマシタね~。

マリトッツォって・・・パックマンみたいに、パンが、くちを開けたようなカタチにして、クリームを挟む。コレがお約束だったハズなんですが・・・もう、フツーに挟んじゃってます~。

どー見ても、少々ぶ厚めの、フツーのどら焼き。

ええい、行っちゃえ~。年末の滑り込み感が、漂ってます~。マリトッツォ・ブームも、末期なんでしょーかねぇ?

とっても、おいしかったです。

ホットケーキ味のどら焼きが、とっても、おいしく・・・ホイップのミルクと、とっても、合ってますヨ~。

マリトッツォは、ホイップが主役。あんこは、ギュッと押し固められたような、薄い層。

どっこいしょ。ホイップが、通りますヨ~。あんこさん、もうちょい、スミに行って~。

押しのけられた、あんこですが・・・サスガ、粒あん。こんな状況でも、ツブツブ感はあるし、濃さもあります。アクセント的な感じ。

ホイップの中から、覗くチョコ。コレが、このどら焼きを、マリトッツォたらしめてる所以。

今まで、スーパーやコンビニの、マリトッツォを食べてきましたが・・・チョコやフルーツ等、大粒の具材を挟んだモノは、ありませんでした~。

三角サンドだと、真ん中が、1番具材が多いんですが・・・真ん中から食べるのは、アンバランスでキモチワルイ・・・と考える人もいる。私です。

しかし・・・マリトッツォ。パカッと、くちを開け、大粒の具材が誘う。ココから食べていいんだヨ~。

迷わず、チョコから行きました~。

ひと粒だけ、忍ばせてるのが・・・サンタからのプレゼントみたい。スペシャルな気分に、なれちゃいますヨ~。

私は、おいしいモノは、ラストに残す派・・・なのに、欲望に忠実になってしまった~。サスガ、外国のスイーツ。人生の生き方を、変えてしまうスイーツなんですね~。恐れ入りました~。

来年も、また、マリトッツォを楽しみたいナ。

「マリ」でも「トッツォ」でもいいから・・・だって、具材アリのマリトッツォは、まだまだ、入り口に立ったばかりですから~。

エネルギー307キロカロリー、炭水化物53.6グラム。炭水化物、高め。

原材料

つぶあん(国内製造)、ミルクホイップクリーム、小麦粉、砂糖、卵、準チョコレート、油脂加工品(植物油脂、卵、醸造酢、水あめ、食塩)、食塩、バターミルクパウダー/ソルビトール、グリセリン、膨脹剤、加工デンプン、グリシン、乳化剤、酢酸Na、増粘多糖類、カゼインNa、リン酸塩(Na)、セルロース、香料、酸味料、調味料(アミノ酸)、香辛料。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

卵・小麦・乳成分・大豆・アーモンド。

栄養成分

エネルギー307キロカロリー、たんぱく質4.4g、脂質8.3g、炭水化物53.6g、食塩相当量0.6g。表示値は、目安。

スポンサーリンク